アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > 役に立った買い物(妊娠中・産後) > title - 子育てハッピーアドバイスを読んでみました【人気育児本】
2011年12月29日 (木) | 編集 |
赤ちゃんの時期から小学生まで、子育てに役立つことがたくさん書いてありました。

2011y12m28d_230407991.jpg


赤ちゃん時期のもくじです。


赤ちゃんならば、スキンシップ

・「赤ちゃんに抱きぐせをつけてはいけない」と、言う人がありますが、これは間違っています

・赤ちゃんの甘えは泣くこと

・子どもを放置すると、子どもに、強い怒りが生まれます

・怒りは、怒りで抑えつけるよりも、抱っこの方がはるかに早く泣きやむ

・抱っこしないことが続くと、赤ちゃんはあるときから泣かなくなる。
 手がかからないよい子ではないのです。心のトラブルの始まりです

・どうしても子どもを愛せない場合もあります。自分を責める必要はありません


ぼにょ郎に関しては「叱っていい子と、いけない子がいる」という内容にドッキリ。

読んでいて、「あぁこれわかる」「そうだったのか」の連続でした。

やっと一人になれる貴重な時間を使い読みましたが、
字も大きく、マンガ(挿絵)でわかりやすく、心に響くとても良い本でした。

子育てハッピーアドバイス


~妻のメモより~



   スポンサーリンク

   スポンサーリンク

【コメント】記事に関係のない質問・雑談 何でもどうぞ♪
この記事へのコメント
体調がよくなってこられて良かったですね♪

この本は、息子のかかりつけの小児科の待合室の目立つ場所に置いてあり、いつも気になっています。

ただまだ、読んだことがないので時間が出来たら読んでみたいなぁと思っています。

子育ての役にたちそうですよね♪

奥さんは、読まれたんですね♪

ヘムHEMさんの奥さんがオススメする本なら間違いないと思います♪

体調は、早く完全復活をするといいですね♪
2011/12/29(木) 13:53:30 | URL | ハム #-[ 編集]
ハムさんへ
ありがとうございます^^
今日の夜はかなり楽なので、このまま治るものと思われます♪
ただ・・・・今日は、ぼにょ郎が昼寝を2時間もしてしまって、車での寝かしつけに3時間半かかってしまいました><;ハヨネロヨー

この本小児科にも置いてあるんですね~!
子供と一緒だと、ゆっくり読む時間なんてないですよね><;
妻は本が大好きなのですが、やはりなかなか読む時間がなく、寝かしつけた後の時間を使ってゆっくり読むのが楽しみなようです。
だから今日は無理ですね(笑)
人生がときめく片づけの魔法という本を樂天で買って最近ずっと読んでいたのですが、相当お気に入りのようです♪
テレビでもよくやっているようですね^^

>ヘムHEMさんの奥さんがオススメする本なら間違いないと思います♪

ありがとうございます><;
地味にプレッシャーかかりました・・・・(爆)

ぼにょ郎はもう完全復活ですw
ハムさんの息子さんの鼻水も早く止まると良いですね^^
2011/12/29(木) 23:35:30 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
イラストだけ見ても読みやすそうな本ですね♪
私も“ドキッ”とすることが山ほどありそうで怖いです(笑)

私も本が大好きで、通学の電車の中でよく読んでいました~(^^)
意外と真面目なJKだったんですよ!?(爆)
今は子供が寝てるときぐらいしか自分の時間が持てませんが
時間ができたらいろいろ読みたいです♪
子育てしてる方はみんな一緒ですね(><)
2011/12/30(金) 10:03:11 | URL | はるっち #-[ 編集]
はるっちさんへ
私はパラパラと読んだだけなのですが、本当に読みやすい本でした。
イラストがかなりいい味を出しています。
育児は迷うことばかりなので、こういった素晴らしい本があると助かります^^

>私も本が大好きで、通学の電車の中でよく読んでいました~(^^)
意外と真面目なJKだったんですよ!?(爆)

まさに私のドストライクでときめいてしまいました(笑)

自分の時間が持てなくなるのって、子供を授かって初めてわかりますよね><;
こんなに自分の時間って無いものかとビックリですw
そう考えると、独身時代って本当に自由な時間を謳歌していたんだなぁとつくづく思います。
子供が寝た後の一人の時間って貴重に感じますよね♪
2011/12/30(金) 22:00:23 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
コメントを投稿する (コメントの反映が遅い場合があり申し訳ありません)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック