アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > 1歳7ヶ月 > title - 【イヤイヤ期・怪獣期】 魔の2歳児が始まり子供が寝ない 【第一次反抗期】(1歳7ヶ月)
2011年09月24日 (土) | 編集 |
【関連記事】
魔の二歳児・反抗期 母親からの目線 (1歳7ヶ月)
【終焉近い?】 魔の二歳児(イヤイヤ期)が落ち着いてきた? (2歳8ヶ月)
悪魔の三歳児が始まった 【妻の視点】(2歳9ヶ月)


『魔の2歳児』・・・・私にとってあまりに強烈な出来事で、ずっと記事に出来ずにいて、
結局1ヶ月半以上経った今頃になってしまいました・・・・。


1歳7ヶ月になり、一週間程経った頃でしょうか。

いつもは部屋を真っ暗にして寝かしつけると、大人しく寝てくれるぼにょ朗が、
ムクッと起きて指差しで『DVDが見たい!遊びたい!!』と訴えてきました。

『もう寝る時間だよ。』と言うと、信じられないくらいの大声で大泣き。

まるで何かに取り憑かれ、別人になってしまったようでした。

この時は、このぼにょ朗の症状が全くわからず、
本気で「気が狂ってしまったんだろうか・・・・?」と、感じてしまいました。

以前は無視して眠っていると、「早く自分も寝なきゃ」と慌てて枕に頭をつけて
寝ようとしていましたが、今回は、叩いたり引っ掻いたりして起こそうとします。

思わず『いいかげんにしろ!』と怒鳴りちらしてしまいました。

私にあまり怒られたことがなかったぼにょ朗は、
さらに火がついたように大泣きして抱きついてきました。

妻は週三回連続で夜4時間ほど仕事に行っているのですが、
ちょうどその初日の出来事で、その間中なんともならないぼにょ朗に付き合い、
妻が帰って来る頃に、やっと静かに寝てくれました・・・・

消耗しきった状態で、帰ってきた妻に話すと、『え~、大変だったね。』と、
言ってくれますが、なんとなくピンときていません。

まぁたまには機嫌の悪い日もあるんだろう・・・・くらいに感じているようでした。

そんな日が三日続き、ようやく妻の仕事が無い日、妻も取り憑かれて寝ない
ぼにょ朗の姿を目の当たりにして、『やっとお父さんの言っていることがわかった・・・・』
と理解してくれました。



調べてみると【魔の2歳児】という言葉がすぐに出てきました。

いわゆる第一次反抗期というものらしいです。

学生の頃に保険体育で習った第一次反抗期は、確か3歳~5歳くらい
だったのではないかと記憶していたので、1歳のぼにょ朗の症状が
まさか第一次反抗期だったとは気付きませんでした。


原因が解ってしまえばなんということはなく、急に肩の力が抜けてしまいました。

ぼにょ朗がしていた一見わがままな行動は、『何かを自分でしたい、やりたい』
というあらわれだったのですね。

ましてやまだ喋れないので、自分の言いたいこと・やりたい事を伝えられず、
イライラしてカンシャクも起こしていたと思います。



それからは、夜寝ないぼにょ朗に付き合って一緒に起きていることにしました。

夜、ぼにょ朗が見たいからといってDVDを見せるのは躾に良くないと思い、
頑として見せないようにしていたのですが、それも膝に座らせて
満足するまで一緒に見るようにしました。

夜11時を過ぎても、午前0時を回っても、ぼにょ朗が眠るまで
一緒にDVDを見たり絵本を見たりして遊んでいました。

3週間ほど経った頃でしょうか、不思議なことに、ぼにょ朗の気の済むまで付き合っていると、
あれほど病的にDVDを見たがっていた催促がピタリとなくなり、本当にたまに「新幹線」や
「アンパンマン」のDVDが見たいというくらいまで落ち着いてしまいました。

実際、こんなに狂ったようにDVDに執着していて大丈夫なんだろうか・・・・
と、心配していただけに、変わりように拍子抜けです。

こういうのも「成長」なんでしょうか(笑)。


DVDに執着しなくなったからといって、夜は相変わらず寝ようとしません。

妻は私の体を心配して夜の仕事を辞め、昼間しっかり遊んで疲れさせれば夜ぐっすり
寝てくれるのではと、昼間ぼにょ朗と真っ黒に日焼けしながら一緒に遊び、
疲れさせる作戦をとってくれました。

ですが、全く寝ません・・・・。

ぼにょ朗の寝ないのと、疲れはあまり関係ないようでした。


昼寝をさせないようにしてみると、夜8時にはスゥっと寝てくれ、「作戦大成功!」と
妻と手をとりあって喜びましたが、3時間後の11時頃ムクッと起きだして、
夜中の3時半まで遊びに付き合わされました・・・・。

どうも、ぼにょ朗の中では、午後8時に寝たのが昼寝感覚になっていたようです。



悪戦苦闘・試行錯誤でやっとすんなり寝るようになった方法が、車での寝かしつけ。

よく聞いてはいたのですが、まさか自分がするとは思っていませんでした。

それでもすぐ寝るわけではなくて、車に乗っても眠くない時はやはり寝ません。

家で様子を見ていて、『そろそろかな?』と思うと車でドライブ。

30分程ドライブしているとグッスリ眠ってしまうことが多いです。


車でもなかなか寝ない時は、キャリーでおんぶして真っ暗な河川敷を
30分ほど散歩していると寝てくれます。

自分のウォーキングにもなるのでこの方法は全く苦になりません。


ただ一つ問題があるのがブログです。

私は、一人になって静かな状態でないと、コメントの返信も記事も書けないので、
いつもぼにょ朗を寝かしつけた後の時間で書いていました。

それが最近ずっと、寝かしつけると午後10時・11時・0時を過ぎていることが多く、
なかなか記事を書く時間が捻出出来なくなってきました。

もちろん遅筆なのが一番の問題なのですが・・・・;;

ぼにょ朗の「魔の2歳児」が終わるまでは、少し記事とコメントが不定期になって、
いつも記事を読んでくださっている方々、コメントをくださる方々に御迷惑をかけるかも
しれませんが、これからもお時間がある時に覗いていただけると嬉しく思います。



【魔の2歳児】という言葉は、英語でも【terrible two】といった言葉があるくらい、
世界中の子供達、皆同じように成長されるんですね。

妻が保育園の先生に相談したところ、『ぼにょ朗ちゃんも大人への成長を始めたね♪』
と、嬉しそうに話されたそうです。

【魔の2歳】や【反抗期】などは、大人の目線でつけられた言葉で、子供にとっては
一所懸命必死で自分を成長させている時期なんですよね。

今日も、ぼにょ朗は自分を成長させるため、イヤイヤ・大泣きを元気に繰り返しています(笑)。



   スポンサーリンク

   スポンサーリンク

【コメント】記事に関係のない質問・雑談 何でもどうぞ♪
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/25(日) 03:25:50 | | #[ 編集]
あらまぁ

お、お、、お疲れ様でございます。

若輩者のわたしにはまだお気持ち分かりませんが、ヘム様もヘム奥様も人間ですw
怒鳴りたいときもおありでしょう。
ぼにょ様なりに「プチ独り立ち」をしていたのでしょうか。
嬉しい反面なんだかちょっぴり寂しいかな?とも感じ取れました。

お疲れのところご丁寧なお返事ありがとうございます( ´ ▽ ` )ノ

わたしの癒しポイントがちょっぴり減るのは悲しいことですがwそれもぼにょ様が成長なされてるとゆう証拠。

おばちゃんは嬉しいぞー( ̄▽ ̄)!

本当にくれぐれも体調にはお気をつけくださいm(._.)m

わたしなんぞのブログでよろしければいつでも読んでくださいませ。
2011/09/25(日) 06:37:08 | URL | かいちゃん #-[ 編集]
お疲れさま
ヘムHEMさん、奥さん毎日、お疲れさまです。

ぼにょ朗くんは、日々成長されているんですね♪

うちの息子もぼにょ朗くんと同じでイヤイヤ&癇癪を起しながら成長中です(笑)。
うちも最初は、子供のあまりの豹変ぶりにビックリしたり戸惑ったりしました(^o^;。

先輩ママの話を聞き冷静に考えると、喋れない息子が癇癪を起こし泣き喚くのは、仕方がないし成長のいっかんなんだなぁとちょっと納得してしまいました。

まあ、怒鳴ってしまうこともありますけれどね。

最近は、危険なことや他人に迷惑をかけること以外は、止めずに息子のやりたいことをある程度は、やらせてみています。

まあ、それが息子の為によいのかどうかは、わかりませんがね(笑)。

子育ては、試行錯誤の連続ですよね。

ブログの更新やコメントの返事は、ヘムHEMさんの出来るペースで大丈夫だと私は、思います。

風邪は、治ってよかったです♪
季節の変わり目、体を大事になさって下さい。

子育て、お互いに気長にやって行きましょうね♪
2011/09/25(日) 09:17:32 | URL | ハム #-[ 編集]
かいちゃんへ
こんな記事にコメントありがとうございます><;
私がかいちゃんの立場だったら、まだまだ先の話で全然理解できず興味もなかったお話だったと思います。
当時は、前日とは全然別人のように変わってしまって、私も何が起きたのかさっぱりわかりませんでした・・・・。
ここ最近は、ショッピングモールや外食などに出かけると、地面にペタペタと這いつくばってホフク前進してみたり・・・・すぐ手を洗わせるんですが、洗面台から降ろした途端すぐまたハイハイ・・・・私も妻も苦笑いです;;
やめなさい!と言うほどやりますwww
もう慣れっこになってきましたが、それでもやはりクタクタになりますね><;
一年が過ぎ、もし海仁君が似たような感じになっていらしたら、この記事を思い出して、かいちゃんも苦笑いしてください(笑)。

体調を気遣ってくださりありがとうございます^^
かいちゃんブログは私の清涼剤になっています♪
2011/09/25(日) 22:25:12 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
ハムさんへ
やはり、ハムさんの息子さんも同じだったのですね><;
あまりの急な豹変ぶりにビックリでしたよ・・・・

>最近は、危険なことや他人に迷惑をかけること以外は、止めずに息子のやりたいことをある程度は、やらせてみています。
まあ、それが息子の為によいのかどうかは、わかりませんがね(笑)。

ウチも全く同じです。
最初は、なぜこんなに叩いたリ引っ掻いたり(血が出るほど・・・・)するのだろうと怒ったりしましたが、夜は寝るものだと頑なに考えていて、私が強引に寝かしつけようと無視していたからなんですよね・・・・。
やりたいことを理解して、尊重してあげることで、ものすごく症状が落ち着きました。
もちろんイヤイヤは健在ですが、楽しく生活しています^^
ハムさんが言われるように、その行為が子供の為に正解なのかどうかはわかりませんが、私も気長にやっていくつもりです^^
あと、十数年して、第二次反抗期の時に、今の育児の有り様が出ているのかもしれませんね(笑)。
たまにカンシャクを起こして、床に頭をたたきつけていますが、そっと抱っこして抱きしめている妻の姿は真似できないなぁ、頼りになるなぁと感心します。

ブログの事、体調の事、お気遣いくださりありがとうございます!
非常に書きづらくて繊細で、あまりこの記事は投下したくなかったのですが、この先の記事を書いていくためにもどうしても必要な記事だったので長文になりましたが時間をかけて書かせていただきました。
私の文才がないばかりに、書き足りていない部分や、誤解を受けそうな部分もありそうなので、この先また書き足したり修正していったりしたいと思います。
2011/09/25(日) 22:50:16 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
始まってしまったんですね><
こんにちは、以前虫の記事でコメントをさせていただいたすぴかぴです。
大変な時期が始まってしまったんですね。
急に始まるものなのですね、驚きました。

私は小学生の頃、近所の3歳児達と遊んでいて、
そのあまりの悪魔ぶりに、
私に子どもは無理だ。産むのやめとこう。。。と思っていたのですが、
結局、現在、1歳3か月児、育児中です(汗)

今、姪がもうすぐ4歳ですが、
先日も、3日間ずっと、激しいごっこ遊び(エアギターしながら暴れまくる等)や赤ちゃん返り(座布団をおむつにみたてて、床に転がってばたばた暴れる姪のおむつ交換しまくり)に付き合わされて、
楽しいながらへろへろになりました。
それでも私はたまにやってきて相手をするだけのお気楽お客様。
姪の場合は、少食で食事中に遊び出し癇癪をおこすので、
毎日毎日、朝昼晩と修羅場…
(もう4歳なのでかなり成長&改善しましたが)。
これを毎日付き合ってあげている世の中のママパパさん達に本当に尊敬です。

ヘムHEMさんの「プッシュアップバー腕立て伏せ」やお布団にぼにょ朗くんを挟んでの持ち運びの記事を見て、
ヘムHEMさん、あらぁ~たくましい腕だわぁ、すてき(笑)なんて思っていたのですが、
きっとぼにょ朗くんもヘムHEMさんに似て、
わんぱく元気!で、そして自立心旺盛自己主張の出来る、しっかりしたお子さんなのでしょうね!

そして、私は、そんな知ったかぶったことを言ってますが、
まだ息子1歳3か月、まだ、ほよよーん、としてます。
どんな反抗期を迎えるのか。。。
いつもいつもぼにょ朗くんの気持ちを大事にして、
寄り添ってあげているご夫妻に感動しています。
すぐに息子もぼにょ朗くんの後を追いかけますので、
先輩ヘムHEMさんのブログの記事を沢山参考にしようと思います!

コメント長くなりすみませんでした!
2011/09/26(月) 10:29:44 | URL | すぴかぴ #sqCyeZqA[ 編集]
夜中3時とは・・・それは大変でしたね。
私、寝るのが大好きなので、考えただけでもゾッとします。
付き合ってあげられるヘムさんご夫婦にまず感動です。
なんて優しいんだ~(T_T)
私はしばらく泣かせていました・・・泣き疲れて寝るってこともしばしば。ずっと寝なくなってしまうんでないか・・・という心配があったから、怖かったから(?)なんか要求をのんであげられなかったです。

でも小さいうちは甘えさせてあげた方がいいんですよね。
その方が「自立が早い」とか「心の安定につながる」とか言いますもんね。

でも聞き入れてあげた方がいいんだなと思う時もありました。
急がば回れだなって。
保育園で靴を脱がしてあげたら、自分で脱ぎたかったと泣き出したんです。でも急いでたし、「今度脱ごうね~」なんて言ってそのままお部屋に入ろうとしたら、さらに大泣き・・・
どんなに急いでいても巻き戻して、もう一度靴を履かせ自分で脱ぐことをやらせてあげると、ニコニコになりました。
なんでも自分でやりたい時だったんです。成長ですよね。
いつまでも出来ないと思ってやってはいけないんだ。待たなくては。と思いました。

「魔の2歳児」と言いますが、ヘムさん一家と一緒で
大変というより、赤ちゃんから子供になった年かなと思った年でした。
親としても子供の成長に追いつかなくてはと焦った年でもありましたね。

毎日のように更新されていてとても楽しいブログでしたが、
ぼにょ君の健やかな成長があってこそです。
ブログができない!とイライラしては大変です。(ヘムさんはなさそうだけど)
いつでもいいので更新待ってます(^.^)b
2011/09/26(月) 17:06:28 | URL | はせあつ #-[ 編集]
すぴかぴさんへ
すぴかぴさん、こんにちは^^
虫の記事では大変楽しくお世話になりました♪

>急に始まるものなのですね、驚きました。

ウチは急に始まりました><;
寝ようとするまでなんの変化もなかったのですが、それを皮切りにものすごいイヤイヤ病が出始めました・・・・。
少しずつ少しずつ症状が出てくれると分かりやすいのですが、まるでジキルとハイドです;;

>私は小学生の頃、近所の3歳児達と遊んでいて、
そのあまりの悪魔ぶりに、
私に子どもは無理だ。産むのやめとこう。。。と思っていたのですが、
結局、現在、1歳3か月児、育児中です(汗)

あははwすっごくわかりますwww
私も従兄弟の子供がよく一週間程遊びに来ていたのですが、帰った後はなぜか必ず風邪をひきました。
そのくらい幼児の相手をするって消耗するんでしょうね~!
そういえば、私もその時に懲りていたはずなのに、今は子供を授かっていますね(爆)。

姪っ子ちゃんとの、すぴかぴさんの遊び方が激しくて笑ってしまいましたwww
すぴかぴさん本当に良いママです♪
女の子は結構静かに遊ぶ子が多いイメージがあったのですが、すごく楽しく激しく遊ぶんですね^^
食事の修羅場は大変ですね><;
ウチもここ一ヶ月くらいで、やっと一緒のテーブルでご飯が食べられるようになりました。
とても、ぼにょ朗の目の前にご飯やおかずを並べておけなかったので・・・・
ぼにょ朗を食べさせた後、二人で台所で立って食事をしていました。
だから、姪っ子ちゃんのご両親や、相手をされているすぴかぴさんの大変さがすごくわかります。
子供が少食だとまた別の心配もあったりしますよね;;
すぴかぴさんがいらっしゃって、相手をしてくれるだけでも、パパさんママさんすごく助かっていると思いますよ♪

>ヘムHEMさん、あらぁ~たくましい腕だわぁ、すてき(笑)なんて思っていたのですが、

あ、ありがとうございます><;
仕事柄、腕力だけはあります(笑)。
私の方は、すぴかぴさんのご主人がスラッとされていて脚が長くて素敵・・・・なんて見とれてしまいました♪

1歳3ヶ月!
すぴかぴさんの言われるように、ほよよ~んの時期ですね♪
私と妻的には、どの月齢の時期も大変だったイメージがあるのですが、今思い返すと、なんて平和な時期だったんだろう・・・・と、都合よく思い返してしまいます(笑)。
こう君すごく良い子なので、魔の二歳児もすんなり乗り切れそうな気もします♪

>いつもいつもぼにょ朗くんの気持ちを大事にして、
寄り添ってあげているご夫妻に感動しています。

ありがとうございます^^
それが育児的に正解なのかどうかはわかりませんが、妻とはいつも『お金はかけてあげられないけど、愛情だけはしっかり注ごう』と話しています。
すぴかぴさんご夫婦のこう君への愛情も素晴らしいです♪

月齢的には本当に、ぼにょ朗を追う形になりますよねw
身近に先輩ママさんがいらっしゃるのであまり困ることはないかもですが、私や妻で力になれることがあったらいつでも言ってくださいね!
こう君の成長、私もとても楽しみです^^

素敵なコメント本当にありがとうございます。
2011/09/26(月) 23:15:28 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
ブログ再開
ほっとしました。
でも、やはり、体調を崩されていたのですね。
これだけ定期的にブログをアップされ、
かつ、丁寧にコメントをくださり、こちらはとっても嬉しいです。

が!

ヘムHEMさんおよび、奥様の健康第一ですので、
のんびり待ってますので、どうかご無理をされずに。

だって、このブログはぼにょ朗くんが成人するまで?!
続きますものねっ(笑)え?
長い道のり、ゆっくりゆっくり♪
私もお付き合いいたしますよぉ~。

それにしても、ぼにょ朗くんが、こんな状態でいたとは!!
びっくりしました。
そして、そんなぼにょ朗くんと真摯に向き合っているご夫婦の姿に感動しています。
私だったらそんな風に、気が済むまで付き合っていられないです。
絶対に、イライラして怒鳴ります。

ケニーニョも突然、今晩からねんねのおんぶを拒絶するようになりました。
「ねんね、ねんね。いい子、いい子」と言って、
積極的にお布団に行くのですが、その後、怪獣に変身!
キャハキャハと遊びだします。
私が寝たふりをすると、まぶたをつかんで無理やり目をこじあけて、
起こしてきます。上に乗ったり、叩かれたり。
それでもガマンして私は寝たふり・・・。
しまいにケニーニョは何を思ったのか、パジャマを脱ぎだす始末。
おんぶをしようとすると、嫌がって、おんぶ紐から脱出して、
なんと私の背中から布団へダイブしてしまいました。
なんとか、押し倒して、足と手を握り締め、手で暖めるようにして、寝かしつけました。

こんな夜が毎晩続くのかと思うと、ぞっとします・・・。

けど、ヘムHEMさんや奥様を始め、
全国のお父さんお母さんががんばっているのかと思うと、
私も耐えようと思います。
いや、子どもの成長に喜ぶべきなのかもしれませんね。

自立の一歩一歩を見守るって、
すごく労力のいることなんだなぁと感じています。

あと、大人の主観を子どもに押し付けないっていうのも、
よく聞きます。
たとえば、「いたずら」という言葉は大人の言葉であって、
子どもにとっては「真剣な探索活動」と、汐見稔幸先生は言っていました。

自分の都合ではなく、ぼにょ朗くんの立場に立ち、
愛情をたっぷり注いでいらっしゃるヘムHEMさんと奥さまを、
人として尊敬しています。

って、まじめに書いて、なんだか照れくさくなりました。
おやすみなさい・・・・
2011/09/26(月) 23:51:02 | URL | ケニーニョママ #-[ 編集]
はせあつさんへ
夜中の3時はさすがに次の日、体がきつかったので、すぐ「昼寝なし作戦」は中止になりました(笑)。

>私はしばらく泣かせていました・・・泣き疲れて寝るってこともしばしば。ずっと寝なくなってしまうんでないか・・・という心配があったから、怖かったから(?)なんか要求をのんであげられなかったです。

これすごくわかります。
私も最初、要求を飲んだら癖になると思い無視していました。
血が出るほど引っ掻いたりするので思わず怒りましたが、このワガママが段々酷くなるんじゃないかと不安になりましたよね。
はせあつさんが思い起こして書かれることって、すごく的確ですよね。
はせあつさんのコメントを拝見して初めて思い返すことが出来ました。

>でも小さいうちは甘えさせてあげた方がいいんですよね。
その方が「自立が早い」とか「心の安定につながる」とか言いますもんね。

私はコレが反抗期だと判った時に、『あぁ、成長しようと頑張っているんだな』と感じて何も考えずに付き合って理解する選択をしましたが、側にいて泣き疲れるまで放っておくのもしっかりした育児だと思います。
赤ちゃんや幼児もそれぞれ性格が違いますし、その子その子、且つ親に合った育児の方法ってあると思うんです。
完全に無視して一人にして心まで離してしまう・・・・これが絶対にやってはいけない育児ですよね。(もう育児ではありませんが)

靴のお話は、なんだかすごく胸にジーンと来る経験談です。
本当に眼に浮かぶような、子供が成長している瞬間ですよね。
無視して泣かせておかずに、戻ってまた最初からやり直すなんて、はせあつさんは立派な育児をされていると思います。
いつも惜しげもなく先輩ママとして、その時その時のぼにょ朗に合った経験・失敗談を思い返されて教えてくださるはせあつさん、本当にいつも感謝しています。
はせあつさんのお話は、いつも学ぶことばかりです。

子供の成長過程は、親も一緒に学んで成長していくんだなぁと本当に感じました。
はせあつさんが言われるように、子供の成長が早すぎて、ついていけず焦りますよね><;

>ブログができない!とイライラしては大変です。(ヘムさんはなさそうだけど)
いつでもいいので更新待ってます(^.^)b

ありがとうございます!
これもしかしたら、心のどこかにあるかもですね・・・・><;
態度に出るといけないので、お言葉に甘えて、ぼにょ朗の相手をしている時はブログのことはすっかり忘れさせていただきます(笑)。

2011/09/27(火) 00:38:43 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
ケニーニョママさんへ
ありがとうございますw
ブログ、ぼにょ朗が成人するまでですか???><;
そ、そうですね、ケニーニョママさんが長い道のりゆっくりお付き合いくださるというなら・・・・




・・・・聞かなかったことにしますね(笑)。
でも私と妻の体を気遣ってくださってありがとうございます^^

とゆーか、ケニーニョ君も寝なくなっちゃったんですか!!!
しかも、症状がぼにょ朗にそっくりじゃないですか・・・・
ぼにょ朗もキャリーやおんぶ紐の寝かしつけを急に嫌がるようになりました。
そして、寝たふりをした時の起こし方もそっくり・・・・。

>なんとか、押し倒して、足と手を握り締め、手で暖めるようにして、寝かしつけました。

よ、よく寝かしつけできましたね!
布団にダイブで思わず笑ってしまいましたが、親としては仰天してしまいますよね;;

>自立の一歩一歩を見守るって、
すごく労力のいることなんだなぁと感じています。

これ自分が子供を授かって初めてわかりますよね。
しかもこんなにたいへんだったなんて・・・・
世の中、どんどん便利になって家事もどんどん楽になっていっているのに、便利グッズとは関係なしに育児だけは大変なような気がするのは私だけでしょうか><;
もちろん、紙おむつや粉ミルクなど素晴らしい製品に助けられていますけどねw

>あと、大人の主観を子どもに押し付けないっていうのも、
よく聞きます。
たとえば、「いたずら」という言葉は大人の言葉であって、
子どもにとっては「真剣な探索活動」と、汐見稔幸先生は言っていました。

う~ん、これ素晴らしい教えですね><;
確かにイタズラって、子供が『なんだろう?』といった感じで興味を示してやっている場合が多いですよね。
危ないこと・危険なことは注意して、イタズラしても極力子供の興味をのばしてあげるような生活に変えようと思います。
思わず、あっ!っと思った素晴らしいことを教えてくださってありがとうございます^^

>自分の都合ではなく、ぼにょ朗くんの立場に立ち、
愛情をたっぷり注いでいらっしゃるヘムHEMさんと奥さまを、
人として尊敬しています。

真面目に書いてくださってありがとうございます(爆)。
ケニーニョママさんに褒めていただけるような人格者ではないので恥ずかしくなってしまいます><;
ケニーニョママさんもちゃんとケニーニョ君に付き添い寝かしつけて素晴らしいと思いました。
いつもと違う大暴れをして寝ないと、思わず怒鳴ってしまいますよ。
私や妻が落ち着いて育児が出来ているのも、ケニーニョママさんを始め、いつもコメントでアドバイスや体験談を書いてくださるママさん方のおかげです。
どれだけ勉強になって励みになっているか、感謝の念に堪えません。
いつも知らないこと、忘れていることに気づかせていただいています。

もし、ケニーニョ君の夜寝ない症状が続いてらっしゃるのでしたら、ケニーニョママさん睡眠不足で体調を崩されないようにしてくださいね><;
ケニーニョ君色々成長が早いからもう始まってしまったかもですね;;
2011/09/27(火) 23:10:27 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
コメントを投稿する (コメントの反映が遅い場合があり申し訳ありません)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック