アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > 1歳6ヶ月 > title - 【昆虫】初めて蝉(セミ)を見せてみた(1歳6ヶ月)
2011年08月04日 (木) | 編集 |
【関連記事】
【昆虫】初めてカブトムシを見せてみた(1歳6ヶ月)
ムカデ出る 虫嫌いが退治するはめに・・・・


私が子供の頃は、あちらこちらにショウリョウバッタがたくさんいたのですが、
大人になってからはずっと見かけないままでいました。

そんな時に、偶然玄関先で見つけたショウリョウバッタ。

ぼにょ朗に見せようと捕まえて、喜んで家の中に持って入ったら、
妻がつんざくような悲鳴をあげました。(妻は虫が大嫌い)

その妻の悲鳴に驚いて、ぼにょ朗も大泣き・・・・。

ショウリョウバッタもとても怖いものに思えたようで隠れて見もしませんでした。


「私が嫌って叫ぶことで、ぼにょ朗が虫嫌いになったらダメだ・・・・」

と、妻は思ったようで、洗濯物にセミがついていた時に

『お、おと・お・さん・・・コ・コレ・・・・こ・れぇ・・・・』

油の切れたロボットのようにカチコチに体を固まらせながら、
私に蝉を取ってくれと懇願していました・・・・。。

いつもなら迷わず叫ぶところなのですが、ぼにょ朗を脅かさないよう頑張っています。


蝉を捕って、ぼにょ朗に見せてみると、今度は逃げず泣きもしません。

P1240236.jpg

初めて見る虫に興味津々なのか、不思議そうにじーっと蝉を見続けています。


・・・・が、興味はあっても、怖がって触れないぼにょ朗。

まぁ最初はこんなものかな・・・・と、庭の木に蝉を放してあげたら、
ぼにょ朗が触ろうと手を伸ばしました。

その瞬間、蝉は飛んで逃げていきましたが、ぼにょ朗は終始笑顔で嬉しそうでした。


ぼにょ朗が虫嫌いじゃなくて本当の良かった♪

やはり最初の虫嫌いは妻が原因だったようですが、ぼにょ朗のために頑張ってくれました(笑)。



   スポンサーリンク

   スポンサーリンク

【コメント】記事に関係のない質問・雑談 何でもどうぞ♪
この記事へのコメント
ぼにょ朗くんは、男の子らしい顔つきになってきましたね♪
蝉は、興味を示してくれて良かったですね♪
私も虫が苦手なので、奥さんの叫ぶ気持ちがわかります。
でも、ぼにょ朗くんの為に叫ばず頑張られるなんて奥さん、偉いです!ママの鏡です♪
私なら、絶対に叫んでいますね(笑)。
息子は、木にとまっていた蝉を見せたら、興味津々でずっと見ていました(笑)。
アリが大好きで外出する時に見つけると喜んでさわったりしています(^o^;。

息子が大きくなって虫を飼いたいと言われたら、どうしょうかなと今から、ちょっと不安に思っています(笑)。
2011/08/04(木) 10:17:00 | URL | ハム #-[ 編集]
風邪を乗り越えるごとに子供は成長する。(祖母談)らしいです。
ぼにょくんもホント男らしい表情に!

昔は小さなバッタくんなら触れたし、
虫もそんなに苦手じゃなかったのに、今では私も大嫌い!!!
ショウリョウバッタ・・・ゾゾゾ・・・アウトです(>_<)

そんなこんなで5歳の長男は虫が苦手。
観察は平気、でも触ろうとしません。

虫も触れない男なんて!!!コレではいけない!と思い、
「嫌い!怖い!触らないで~!」は言わないようにしよう。
触っていても見守ることにしました。

すると、2歳の次男は、虫が平気。(^^ゞ
カマキリも手でツンツン触ってます。
てんとう虫も摘まんで手のひらに。たまに力加減を間違ってプチッ・・・
ダンゴムシ、アリ、蝉の抜け殻、興味津々です。

子供のうちに虫さんからいろんなことを学んで欲しいと思いま~す。
家にだけは入れないでくれることを祈ります。

でもカブトムシ、クワガタ飼いたいって言われたらどうしよう・・・
微妙だなぁ~(-_-;)
2011/08/04(木) 10:41:55 | URL | はせあつ #-[ 編集]
はじめまして
はじめまして!
約1年前からぼにょ朗くんのかわいさと、
ヘムHEMさんの軽妙な語りと、
奥様の清らかさに、
癒されて、日々ROMっておりました!
ヘムHEMさんのお宅の周りは自然が沢山ありそうでいいですね!
都会暮らしはなかなか虫と触れ合う機会を作れなさそうです><
私、大層な虫少女で、
養蚕農家にカイコを分けてもらった時は、
蛾が卵を産むまで育てたところで、
母に幼虫も蛾も卵も全部土に埋められ、
母をこの人でなし~と恨みましたが、
今では母の気持ちがよく分かります…。
そりゃあ普通の家でカイコ増産したらキモチワルイですよね…。
ぼにょ朗くん、奥様を困らせない程度に、
虫好きになってくれるといいですね!
(って今までROMってたのに、
どうして虫の話題でコメントしてるんだろう…。
これからも楽しいブログ日々楽しみにしています!)
2011/08/04(木) 22:04:51 | URL | すぴかぴ #sqCyeZqA[ 編集]
ハムさんへ
ありがとうございます♬
ちょっと男の子らしくなりましたか?w

妻をお褒めいただきありがとうございます♪
ハムさんも叫んでしまわれますか><;
どうしても女性は虫が苦手な方が多いですよね。
でも、妻が虫嫌いなおかげで、虫退治や道端に落ちているカブトムシを拾っただけで、男らしい感じで見つめてくれるので役得といえば役得です(笑)。
ハムさんもきっと、虫をちぎっては投げちぎっては投げするご主人を、熱い眼差しで見つめているはず・・・・・・・・です。

やはり息子さんも蝉に興味がありましたか^^
男の子ってなぜか蝉好きですよねw
子供の頃になんであんなにたくさん蝉を捕っていたのか、未だによくわかりません・・・・。
そしてアリさんにも興味ありましたか^^
可愛いですね~♪
ぼにょ朗はまだアリを見たことががないので、一度落ち着いて見せたら喜んで追いかけるかもしれません。

虫・・・・きっと飼いたがるでしょうねぇ・・・・;;
実はこの間、玄関先で妻がカブトムシを見つけて、3日ほど飼っていたのですが、臭い・・・・(泣)。
子供の時は全く気にならなかったのに、大人になると気になるものですねぇ><;
2011/08/05(金) 00:20:39 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
はせあつさんへ
>風邪を乗り越えるごとに子供は成長する。

これすごいですね!
確かに病気になるたびに少し成長してる気がします。
はせあつさんから見て少し男の顔になっていますか?
ありがとうございます^^
私、小学生まで女の子に間違えられていたので、ぼにょ朗のほうが少し男っぽい顔立ちなのかなw
子供だけじゃなくて、大人も風邪を乗り越えるごとに成長出来ると良いのですが・・・・。
ぼにょ朗に散々うつされたので、もう杉良太郎のように、はせあつさん好みにかっこ良く成長していたはずです・・・・。

子供の時って女の子も虫平気な子がいましたね^^
なぜみんな大人になるとダメになってしまうんでしょう・・・・。
私は平気ですけど、それでも比べれば、子供の頃のほうがまだ全然平気だったような気がします。

意外や意外、はせあつさんの経験談だと、本当に母親の態度が子供の虫の好き嫌いに影響していたりするものなんですね!
ものすごく面白い経験談だなぁと興味深く読ませていただきました。
弟ちゃん全然平気なんですね^^
てんとう虫をプチ!は、想像しただけで臭ってきそうなので勘弁してもらいたいです(笑)。
でもそんなに平気なんて不思議なものですね~♪
でも、虫に興味があると必ず家の中に持ってきたりするので、入る時は厳重に持ち物検査してください(笑)。
私、オケラを持ち込んで、手のひらに閉じ込めたまま眠ってしまって(こじ開けようとするオケラが楽しかった)、散々探したのですが起きたらどこにもいなくて、何年か後に絨毯の下で潰れた姿で見つけました・・・・。

カブトムシ、クワガタは飼いたがるでしょうねぇ;;
ハムさんのコメントでも書いたのですが、先日久々に飼ったら臭いこと・・・・;;
子供の頃は平気だったのに、大人になると耐えられません・・・・><;
でもウチは狭いから臭っただけで、広いお家だったら大丈夫かも?w
はせあつさんがおっしゃるように、子供の頃に虫から学べることって多そうですよねぇ・・・・悩みどころですよね。
「何を学んだ?」って聞かれたら、答えられませんが・・・・(笑)。
2011/08/05(金) 00:43:12 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
すぴかぴさんへ
すぴかぴさん、初めまして^^
一年前って、私がブログ始めてまだ間もないじゃないですか><;
そんな時から読んでくださっていて本当に嬉しいです♪

先日も玄関先にカブトムシがいまいたが、そういう意味では自然が多いかもしれませんw
すぴかぴさんの虫好きのお話、笑ってしまうくらい凄くて感動してしまいました!
その虫に対する愛・・・・これからすぴかぴさんのことを、ナウシカって呼んでも良いですか?(笑)
養蚕農家さんに蚕を分けてもらうなんて、すごいですよね!
しかもそれをちゃんと育てきってしまうところに感動してしまいました♪
私も大事に育てた虫が、親に捨てられてしまったらものすごいトラウマになると思いますが、確かに蚕が卵を産んでワサワサ増えていたら・・・・と考えると、どちらの気持ちもわかってしまって複雑な気分です><;
でも蚕の成虫って、私的にはものすごく可愛い顔をしているように見えます;;
フサフサで愛らしいですよねぇ♬

ぼにょ朗も虫好きになってくれるでしょうか^^
大人になるとかなり虫が平気な範囲が狭まってくるので、子供の頃の虫の好きさ加減で好きになられると結構キツイものがありそうです(笑)。
なんかよく子供の頃、駄菓子屋さんで怪しげな緑と赤の液体と注射器の入った昆虫採集セットを買いましたが(ご存知です?w)、よく考えると子供にあんなの売ってたなんて恐ろしいですよねぇ・・・・。

なんだか、虫の話は色々子供の頃を思い出して長くなってしまって申し訳ありません><;
記事よりコメントのほうが長いし;;
静かにROMっていらした、すぴかぴさんのコメントをいただけただけでも、今回の記事を書いたかいがありました(笑)。
これからも更新頑張ります^^
2011/08/05(金) 01:10:42 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
虫と聞いて無視できなくてやってきました!
私は大人になっても虫が平気です。。。
子供の頃から女のクセして、ダンゴムシ平気で丸めまくったり、セミはもちろんのこと、セミよりとりやすい(セミより下の方にあるので)抜け殻もたくさん集めました。ほかにもアリの巣の穴を広げたり、蝶の羽をつまんで指につく綺麗な鱗粉模様が嬉しかったり、テントウムシもみつけたら、よく手に乗せてましたよ。なぜか、黒地に赤い点のテントウムシが正義の味方で、オレンジのテントウムシが悪魔と勝手に決めてました!(笑)
カイコ蛾も育てましたよ!毎日新しい桑の葉をあげて、シャクシャク美味しそうに食べる様がほんとに可愛かった!カイコの幼虫って、手に乗せるとふわふわで、ほんのり温かくて、手足が吸盤みたいにぷちっとくっついて大好きでした。可愛くて可愛くて毎日頬ずりしてました。やがて体もビヨ~ンとのびてあまり動かなくなり、ある日繭になってしまった時は寂しかったです。。。繭から変わり果てた姿(蛾)になって出て来たら、カイコ蛾は飛べないので、地を這っていました。体も普通の蛾より粉っぽかった気がする。
バッタも取りに行きましたよ。草むらからピヨ~ンと跳ねるとすかさず手を被せるんだけど、なかなか難しくて!私も、ショウリョウバッタが一番身近でした。草むらに一番馴染んじゃうタイプの!
たまに殿様や、イナゴも捕まえました!
いつかイナゴの大群に出会って、たくさん取れたので佃煮にして食べました!見た目はバッタだけど、魚の佃煮と変わらずおいしかったです!母は気持ち悪がって食べるどころか、見もしなかったですが。
虫が平気なのは全て父の影響です。
母は大の虫嫌いです。
お母さんが虫嫌いでも虫が平気な子供もいますよー!(しかも女)(^w^)
2011/08/05(金) 03:24:14 | URL | アンパンママ #ZK/TaodE[ 編集]
虫の話題って盛り上がるんですねっ(笑)
ごめんなさい、またコメントさせてください!
アンパンママさん、分かります~!
私も子持ちのダンゴムシのお腹つついて子どもをわらわら出したり、
アリジゴクに毎日アリを食べさせたり…。
そのくせお風呂場で蛾に出会った時は祖母を呼びました。
こちらが裸だと虫が恐くなるのはナゼでしょう…丸腰と感じるのでしょうか?
ヘムHEMさんの昆虫採集セットは初めて聞きました。
今もまだ売ってるでしょうか…興味ありです!
でも私は大人になった今では虫はちょっと苦手になってしまいました。
子どもの頃は皆ナウシカだったんですね!
アンパンママさんもヘムHEMさんも目がキラキラしてたんだろうなぁ。
何か忘れていたことを思い出したようでほっこりしました。
ありがとうございました!
2011/08/05(金) 06:36:06 | URL | すぴかぴ #-[ 編集]
アンパンママさんへ
コメントありがとうございます♬
そして「虫」と「無視」を最初の一行目からかけてくるアンパンママさん・・・・思わず『デキル・・・・』と汗をかいてしまいました・・・・!

アンパンママさんの虫への情熱、感動を覚えてしまいまいた・・・・。
子供の時って蟻の巣壊しって基本なんでしょうか(笑)。
なんだかすごく昔を思い出します。
私は掘るのはもちろんですが、水責め・爆竹・・・・なんだかいろんな事をしてしまったことを思い出してしまいます・・・・;;

>蝶の羽をつまんで指につく綺麗な鱗粉模様が嬉しかったり

この辺りが、私とは虫に対する愛が違いますよねw
私は子供心に鱗粉はあまり嬉しくなかったかも><;
すごく繊細な美意識ですよね~!

>黒地に赤い点のテントウムシが正義の味方で、オレンジのテントウムシが悪魔と勝手に決めてました!(笑)

これすごい感性ですよね!!!
私も相当想像力豊かな子供だった気がしますが、この発想はありませんでした(笑)。
私はむしろオレンジのてんとう虫が好きだったかなw
何故か、先っぽ(頂点)に行くと羽を広げて飛んで行くので、茎に這わせて上に行ったらひっくり返してまた上に歩かせて、またひっくり返して・・・・を延々繰り返して楽しんでいました・・・・。

結構、蚕を飼われている方がいらっしゃってビックリします。
しかもこのブログで蚕の話をされているのは、アンパンママさんで3人目。
全員女性だったりするからビックリです(笑)。
私は実物の蚕を見たことがないのですが、幼虫の頃ってそんなに可愛いんですね~♪
アンパンママさんのコメントを読ませていただいていると、私も飼いたくなってしまいますwww
頬ずりしたくなる気持ちすっごくわかりますし^^
見た目は成虫の方が可愛いのかなと思っていたのですが、アンパンママさんには幼虫の方が愛おしかったのですね♪

アンパンママさんも、ショウリョウバッタよく捕まえられたんですね!
今あまり見かけませんが、昔は背中にもう一匹乗っけたショウリョウバッタとかたくさんいて、一度に二匹捕まえられてお得感がありましたw
イナゴの佃煮のお話はビックリ・・・・私も子供の頃にたくさん捕まえて母に作ってもらいました。
母が近所の子供達を集めて、みんなでイナゴを捕って、朝の集団登校の時にみんなに食べさせていましたよw
捕ったイナゴはしばらく袋に入れて糞をさせてから、佃煮にしていました。
今考えると、作ったこともないものをよく作ったなぁと感心です。
本当に、魚の佃煮と変わらず美味しいんですよね。

アンパンママさんのお母さんは虫嫌いで、お父さんは虫が大好きだったんですね!
親が両方嫌いだと、なかなかアンパンママさんのように虫が好きな子供には成長されないかもですが、お父さんの虫好きってやはり影響大きいものなんですね!
貴重な体験談をありがとうございます♪
なんだかすごく懐かしいことばかり思い出します^^
2011/08/05(金) 21:56:50 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
すぴかぴさんへ
再びコメントありがとうございます♪
私もこんなに虫で盛り上がるなんて思ってもみませんでしたwww
コメントをくださる方は女性の方が多いので、虫のお話の記事には触れられず、このまま寂しく過去記事になっていくものだとばかり思っていました・・・・(笑)。

>私も子持ちのダンゴムシのお腹つついて子どもをわらわら出したり、
アリジゴクに毎日アリを食べさせたり…。

え?!
ダンゴムシってお腹に子供を持っていることがあるんですか?
私もダンゴムシとはよく遊びましたが、そのダンゴムシには出会ったことがありませんでした。
勉強になるなぁ・・・・。
あとアリジゴク見たことがありませんでした!
女の子でも結構男の子顔負けの遊びをされているんですね・・・・感動してしまいました♪

>そのくせお風呂場で蛾に出会った時は祖母を呼びました。
こちらが裸だと虫が恐くなるのはナゼでしょう…丸腰と感じるのでしょうか?

すみません・・・・大笑いさせていただきましたwww
まるごし感なのでしょうね、きっと(笑)。
なんだかその気持すごくわかります!
そう考えると、服装って見た目だけでなく、気持ちも強くするものだったのですねw

あの私が昔買っていた昆虫採集セットは、今売っていたら大騒ぎになるかもです;;
だって普通に誤って人間にも刺せてしまえる注射針と得体の知れない液体が入っているんですもん・・・・><;
そんな物が普通に駄菓子と一緒に売られているんですから、オープンな時代でした・・・・。

大人になると若干虫が苦手になりますよね・・・・。
なぜなんでしょう・・・・。
子供の頃は普通にバッタを捕まえて、蜘蛛の巣にくっつけて蜘蛛の餌にして遊んでいたり、なんだか今では考えられない残酷なことを平気でしていた気がするのですが、歳をとってそういったことが出来なくなってくることと何か関係があるのでしょうか。
いや、これを妻に話したら『私、やったことない・・・・』と否定されてしまったのですが、私だけなのかな><;
でも今日、オタマジャクシをたくさん捕まえてそのまま忘れてバケツにほったらかしてた・・・・と言っていましたから似たようなものですか;;

あぁ・・・・子供の頃のお話はキリがありませんね><;
長くなってしまって申し訳ありません。
おかげで色々懐かしいことを思い出せました!
ありがとうございます^^
2011/08/05(金) 22:22:04 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
レスありがとうございます
レス読ませていただいたら、細かいことも思い出しました!

そうそう!テントウムシは指の先まで歩いていくとそのあと羽を広げて飛んでいってしまうんですよね。だから私も茎に止まらせて、先端に行く直前にクルッと回転させてまた先端まで行ったらクルッと回転させて… って繰り返してましたよ~!懐かしい!
バッタが親子でおんぶしてる姿もたしかに見ました!必死でつかまってる姿、かわいかった!
イナゴも佃煮にする前には確かに袋に入れたままフンダシしてました!そういう作業は親任せだったからあまり記憶はなかったけど、たしかにしてましたよ!

あと、これは地域や年代限定かもしれないんですが(他地域の友人は知らないので)、ライポンと言う蜂しりませんか?
地域は同じでも親の年代も知らないそうです。
私の学年ではすごく流行ってて、みんなで必死につかまえて、つかまえたら逃げないように紐で縛ってその紐につないだまま飛ばしたりしてました。ペット感覚です(笑)
黄色と黒のしましま模様で、所謂蜂らしい蜂の姿をしてるんですが、刺さないんです。だからとても人気でした!

ぼにょ朗くんも、虫が怖くない子に育つといろいろ楽しみですね。

今回は虫ネタでつい出てきてしまいましたが、いつもぼにょ朗くんのエピソードと可愛らしい写真にほのぼのさせてもらってます!
またお邪魔させてください。
2011/08/06(土) 00:30:59 | URL | アンパンママ #ZK/TaodE[ 編集]
すぴかぴ様
レスありがとうございます!

子持ちダンゴムシって、私も見たことないです。どんな感じおなかが膨れてるのか興味津々!
もしかして、わざわざ丸めなくてもコロッコロなのかな!(笑)

アリジゴクも見たことはないですが、アリジゴクもどきを作ってアリを入れたことはあります。。。いとも簡単に登ってきましたが( ̄∀ ̄)

子供の頃の思い出って、年を取るとより一層キラキラ輝いて思い返されますよね☆
その時しかできない貴重な体験と思い出を、子供にもたくさん作ってあげたいですね!


※HEMヘムさん貴重なスペースお借りしてしまい、すみません!
2011/08/06(土) 00:50:13 | URL | アンパンママ #ZK/TaodE[ 編集]
アンパンママさんへ
アンパンママさんもエンドレス(?)てんとう虫やられていましたか(笑)。
やっている虫遊びが同じで笑ってしまいましたw
あと佃井にもやっぱり同じように作られていたんですね~♪
今、その時の親以上の年齢になっていますが、ヤレと言われても出来ません・・・・><;

ライポン初めて聞きました。
でも私も子供の時だったら絶対夢中になる遊びですねそれwww
刺さない蜂ですかぁ、それは可愛いでしょうね!
私の時は、男子の間で一時期だけ、カナブンを捕まえて紐をつけて散歩させるのが流行っていました(笑)。
こうやって見比べると、絶対ライポンのほうが可愛いですね;;
あと、今では考えられませんが、カマキリのお腹からハリガネムシ虫(寄生虫)を出して遊んでいる友達がいたのですが、当時はそれが羨ましくて仕方ありませんでした・・・・。
子供の考えることはよくわかりませんね・・・・><;

ぼにょ朗も、虫大好きっ子とまではいかなくても、アンパンママさんが言われるように、虫が怖くない子に育つと色々楽しそうですね^^
虫の思い出って、思い返すと書き切れないほど楽しかった思い出が思い出されてとても不思議です♪

いつもブログを見ていただいて本当にありがとうございます。
これからも、アンパンママさんが、ついコメントを入れてしまいそうな記事を書けるよう頑張ります(笑)。

コメント蘭はいつでも好きなように使っていただいて全然構いませんよ^^
2011/08/06(土) 22:50:17 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
コメントを投稿する (コメントの反映が遅い場合があり申し訳ありません)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック