アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > 面白かった漫画・テレビ・映画 > title - パンダコパンダに夢中になる(3歳11ヶ月)【ジブリの色々な作品と重なる名シーンの数々に大人も大興奮】
2013年12月18日 (水) | 編集 |
【関連記事】
となりのトトロの疑問点 冒頭でのキャラメルの違和感の謎に迫る
魔女の宅急便の色々な謎 ラストシーンでのキキのポーズの秘密がわかった
千と千尋の神隠し 川の神様(おくされさま)の苦団子で妻が気づいた謎
アンパンマンの隠された謎と秘密 そして本当の敵
【ハウルの動く城の謎】 ウマシカテって何?
ハウルの動く城で妻が毎回怖がるシーンがある



お客様で、高校生の頃からいらしてくださっている女性がいて、
よく楽しくお話をさせていただいています。

そこで、ぼにょ朗が宮﨑駿監督の作品が大好きだという話になりました。

パンダコパンダって見たことありますか?お子さんに見せるととても喜ばれると思いますよ。
私は子供の頃、ビデオが擦り切れるまで観ていました。』




宮﨑駿監督の作品は結構知っているつもりでしたが、
私はその「パンダコパンダ」という作品を知りませんでした。

調べてみると、1972年の作品・・・・私が2歳の頃の作品では知るはずもなし・・・・。

となりのトトロも、ぼにょ朗を授かってやっと一緒に見始めたくらいですし。

というか、演出が「火垂るの墓」や「かぐやひめ」の高畑勲監督って
なにげに凄すぎないでしょうか・・・・?



今まで絵柄が古い作品を見せてもそんなに興味を示さなかったぼにょ朗。

試しにレンタルで借りて、見せてみると・・・・


画面に釘付け・・・・(オープニングからエンディングまで)

こんな、ぼにょ朗久々に見ました。

いつも、この子供が魅了される宮崎駿マジックに驚かされますが、
今回の「パンダコパンダ」は本当に凄いです。


ぼにょ朗だけではなく親が見てもとても楽しめるのは、
内容が良く出来ているのはもちろんですが、
この後から40年近くの間に創られた数多くのジブリ作品に
その面影が多々あり嬉しくなってしまうことでした。


たとえば、パンダコパンダのオープニング
2013y12m09d_000122653.jpg

2013y12m08d_235509553.jpg

なんだか「となりのトトロ」のイメージがあってとっても嬉しいです♪
2013y12m09d_221553073.jpg

2013y12m09d_221641754.jpg


その後も、『あれ、このシーンはあの作品のあの場面っぽいよね?』
なんてことが多々あり、気づいただけでも、


パパンダに飛びつくミミ子とパン。
2013y12m08d_235651400.jpg

トトロにつかまるメイとサツキ。
2013y12m09d_221809220.jpg





朝食の目玉焼き。
2013y12m08d_235757828.jpg

ラピュタの目玉焼き。
2013y12m09d_222250536.jpg





ミミ子の作ったお弁当。
2013y12m08d_235853240.jpg

サツキの作ったお弁当。
2013y12m09d_221939009.jpg





ミミ子の家のキッチン。
2013y12m08d_235839730.jpg

魔女の宅急便でキキがお料理するキッチン。
2013y12m09d_222507874.jpg





水辺でのピクニック。
2013y12m08d_235938504.jpg

ハウルの秘密の庭。
2013y12m09d_223559758.jpg





ミミ子の家の洗濯物。
2013y12m09d_221003355.jpg

ハウルの動く城の洗濯物。
2013y12m09d_222747262.jpg





パパンダ。
2013y12m09d_221302297.jpg

トトロ。
2013y12m09d_221419845.jpg





大雨で洪水になった町をベッドの船で漕ぎ出したシーンでは、
2013y12m09d_000352634.jpg

ぼにょ朗と妻は『ポニョだ~♪』と大興奮していました。
2013y12m09d_223019386.jpg



子供を授かって、その作品への夢中さで初めて分かる宮﨑駿監督の凄さ。

宮﨑駿監督は本物の魔法使いなのでは・・・・?と本気で感じてしまいます。


まだ、パンダコパンダを見たことがないお子さんには是非見ていただきたいです。

ママさんパパさんにもお子さんと見ていただけると、一緒に楽しく見られることうけあいです。



   スポンサーリンク

   スポンサーリンク

【コメント】記事に関係のない質問・雑談 何でもどうぞ♪
この記事へのコメント
パンダコパンダは、初めて知りました!!

これ、とても面白そうですね(*^□^*)。

こんな素敵な作品があるなんてビックリです?

息子にも見せたいです。

宮崎駿監督は、本当にスゴい方ですよね♪

子供がいなかったら宮崎駿監督の素晴らしい作品もじっくり見る機会もなかったのかもと感じました。

お互いに我が子がいて良かったですよね♪
2013/12/18(水) 21:13:33 | URL | ハム #-[ 編集]
ハムさんへ
ハムさん、嬉しいコメントありがとうございます^^

宮﨑駿監督の作品は子供と全部見尽くした!と勝手に思い込んでいたので、『え?そんな作品ありましたっけ・・・・???』とポカンとしてしまいました(笑)

実際、とても面白くて、ぼにょ郎なんて『ん?なにか始まったかな?』みたいな感じで立ち止まって画面を見て、そのまま終わるまで同じ立ち止まったままのポーズで見ているくらい無心で見ていましたwww

是非、息子さんとご一緒に見てみてください(*^_^*)

本当に、お互い子供がいることで初めて分かることが多いですよねw
宮﨑駿監督の凄さはもちろんなんですが、無条件で最初に好きになるアンパンマンにも驚いてしいまいました(笑)
あと、トムとジェリーも時代を問わず子どもたちが夢中になりますよね♪
良い作品というのは、どの世代の子供も夢中になるものなんですね!
2013/12/18(水) 22:13:25 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
あ!知ってます!リアルタイムじゃないけど!
今度見せてみたいな・・・

娘もトトロとハウルが特に大好きで何回も見ております。
始まると最後まで登場人物の真似をして
泣いたり笑ったり走ったり跳んだり大変です。
(以前の「ウマシカテ!」の記事は大爆笑でした・・すみません・・)
2時間通してみるのはこの2つとニモだけです。

トムとジェリーも子供は大好きですよね、
あとアンパンマンは、顔の形がおっぱいに似ているから
大好きなんだって聞いたことがあります。なるほど~・・・

私はクムクムとかロッキーチャックとかも大好き。
いつか子供と一緒にみたいなぁ・・と思っております。

2013/12/19(木) 15:51:25 | URL | うのふ #-[ 編集]
うのふさんへ
うのふさん、パンダコパンダご存知でしたか!!!
さすがです♪
私は見たこともなければ聞いたこともありませんでした。
お嬢さん、トトロもハウルも大好きでしたら絶対夢中になられると思いますよ(*^_^*)
というか、トトロが好きなお子さんは多いのですが、ハウルの動く城が大好きというお話はなかなか聞けないことが多く、お嬢さんが大好きというお話に嬉しくなってしまいました♪
ぼにょ郎も大好きなのですが、お嬢さんのように元気にではなくジッと見ているので、同じ『観る』でも随分と違うものだな・・・・と、とても興味深かったです^^
女の子って本当に可愛らしいですね(^O^)

うのふさん、ウマシカテの記事、読んでくださっていたのですね!!!
あんまり人気のない記事だなぁ・・・・なんて思っていたので、思わぬうのふさんからのコメントにとても嬉しくなってしまいました♬

ニモは1年くらい前に見せてみたのですが、あまり興味を示さなかったのでずっと見せていませんでした。
でももしかしたら今は興味を持ってくれるかもしれないので、また試してみることにします^^

赤ちゃんから幼児が自然にアンパンマンを好きになるのって、おっぱいを連想させるからというお話は初めて拝見してビックリです!!!
ぼにょ郎もですが、大抵のお子さんは流れるように自然にアンパンマンに惹かれていくのをずっと不思議に思っていたのですが、まさかそんな秘密があったなんて・・・・
素敵な情報をありがとうございます^^

どうして中年の私がアンパンマンを大好きなのか、これでやっと謎がとけ安心して眠れそうです・・・・

クムクムを知らなかったのですが、YouTubeで見てみたらこれがまた可愛くて面白そうなアニメですね♪
ロッキーチャックは本当に懐かしいですねwww
私も子供の頃よく見ていました^^
自分が子供の頃見ていたアニメを、また子どもと一緒に見られたら素敵ですね~(●^o^●)
2013/12/19(木) 21:46:23 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
「おっぱい」に反応してくれて、嬉しいです!(うふふ♪)
ヘムさんもぼにょ朗君と一緒、純粋な心をお持ちですね!

ハウルの動く城でのお話、
娘がヒンのまねを「ママもやって」とよく言うのですが
出来ないのです。あの鳴き声、面白いですよね。
あとソフィーのハウルの母と偽り女王陛下への長いセリフの場面、
あの声の変化にゾゾッとしてすごいな賠償さん、と思いました。
それもやってみたのですが出来ませんでした・・
最初ばらばらの人(犬も炎も)たちが、最後には一緒の家に住み、家族として成り立っているのは素敵だな~、人生色々だな~、
将来暖炉の家に住みたいな~なんて。

私の中では(内容がよくわからないところもあるけど)魅力的な
ジブリ映画の中の1つとなりました。

すすすみません、長々と・・
なかなかこのお話わかってもらえる人がいなくて
再コメントしてしまいました・・・・

あともう一言。
ぼにょ朗くん、本当にかわいいですね、
そして本当にやさしい子ですね、
ご両親や周りの方たちの愛情の賜物ですね♪
2013/12/20(金) 13:20:49 | URL | うのふ #-[ 編集]
うのふさんへ
うのふさん、おっぱい好き=純粋ととってくださり感謝します(爆)

ヒンの真似は、考えたこともなかったのですが、あの真似は難しそうですね・・・・喉を痛めそうです(笑)
やっぱりお嬢さん可愛いですね~、そんなことを言われるんですか♪

うのふさんの言われる倍賞千恵子さんのあの長いセリフは本当に凄いですよね!!!
それをやってみたと拝見して、うのふさんの可愛さにちょっと噴き出してしまいました・・・・すみません><;(笑)

あのエンディングは本当に素晴らしいですよね!
うのふさんの言われるような、みんなが(荒地の魔女でさえ)家族になってハッピーエンドという終わり方がとても素敵だと思いました。

宮﨑駿監督の作品は、映画の中で出ていない裏設定のようなものが多いので、見ていてよくわからない部分も多いですよね。
ソフィーは実はハウル以上の魔法使いだったって、あとから聞くと納得できますが、普通に見ているだけではわかりませんよね(笑)
そういった作りでも、子供も大人も夢中にさせ、何度見ても飽きさせないような作品にするのですから本当に凄いです。

ジブリ作品の中でも、ハウルの動く城が特に好きという方とはなかなかこうしてお話(?)するチャンスがないので私もとても嬉しいです(*^_^*)


うのふさん、ぼにょ郎のこと、家族のことをお褒め下さりありがとうございます^^
帰ってきて、ぼにょ朗がケニーに会って泣いていたと聞いた時は『え?!』となってしまいましたが、そういった感性をもっていてくれたことがとても嬉しかったです。
2013/12/20(金) 22:26:06 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
コメントを投稿する (コメントの反映が遅い場合があり申し訳ありません)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック