アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > 3歳10ヶ月 > title - マイコプラズマ肺炎と小児科のお医者さんの対処療法(3歳10ヶ月)
2013年11月25日 (月) | 編集 |
【関連記事】
マイコプラズマ肺炎【MP肺炎】 にかかり蕁麻疹を発症 (2歳9ヶ月)
またもや咳と熱、そして迫り来る点滴の恐怖 (3歳9ヶ月)



ぼにょ郎が日曜の夜中から15分間ほど激しい咳をし始め、火曜日水曜日と同じ時間咳をし、水曜日の帰りのバスでは鼻水を垂らしており、木曜日には朝からも少し咳をするようになっていました。

木曜日に幼稚園から帰ってくると咳が連続するようになっていたので、小児科へ連れて行くつもりだったのですが、仕事が立て込んでしまい病院へ行くタイミングを逃してしまいました。

熱は全くなく元気で食欲もあったのですが、この日だけは咳で夕飯が食べられず疲れもあるのか、そのままぼにょ郎は眠ってしまいました。

その日の夜は、もう眠れないほど咳が酷くなっており、次の日は幼稚園を休んで朝一で小児科へ連れて行くことにしました。

朝も咳でなかなかご飯が食べづらそうので、『今日は点滴になるかなぁ・・・・』と妻と話していると、『点滴イヤ、点滴イヤだぁ~!』と、ぼにょ郎が大泣き。

今まで全く平気だったのですが、夏に点滴ばかりの生活をしていてホトホト嫌になったようでした。


嫌がるぼにょ郎を車に乗せて病院へ出発。

もうこの送り出し作業で夫婦とも、1日のエネルギーの40%を使いきっていました(笑)。


あんなに嫌がっていても、いざ病院へ着けば待合室の玩具で遊びまわるぼにょ郎。

熱がないんですから元気なものです。


先生に呼ばれて、診察室へ歩いて行く時にもぼにょ郎は咳をしていました。

いつもこのくらいの症状の時は、サッと診察して薬を処方されるので、今回もそのパターンかな、でも食事が摂りづらいと伝えたら点滴になるかもなぁ・・・・などと考えていましたが、廊下を歩いてくるぼにょ郎の咳を聞きながら診察室から『あ~、ぼにょ郎君また咳してるね?』との先生の声。

『ぼにょ郎君は本当に多いなぁ。お母さんもう元気になった?』
(妻は、ぼにょ郎にうつされた風邪で嘔吐を繰り返し、2週間前に先生のお世話になって二日間点滴をしてもらいました)

『熱はないのね?じゃぁ、お父さんに抱っこしてもらって座って、服を上げて、はい口も開けて!』と淡々といつもの診察をされます。

胸の音、背中の音は2秒位、口の中は1秒も診ていなかったと思います(笑)


これはお薬を処方されてお終いコースかな・・・・

ぼにょ郎もしきりに『点滴イヤ!』と先生に懇願するわで、以前そのパターンで妻が連れてきた時は『仕方ないなぁ・・・・♪』と先生も苦笑いで点滴を回避しましたが(笑)、今回も『ふんふん、なるほどなるほど・・・・』と軽い感じで色々書物をされながら、『ぼにょ郎君ごめんな、今回は血液検査させて!』と点滴の用意がされました。

ぼにょ郎も絶望の顔でしたが(笑)、私も『え?!』という感じでした。

熱もないしすこぶる元気、咳は痰が絡んだ感じで酷いけど、いつもはお薬だけで終わっていたような・・・・


P1930436.jpg

点滴は嫌がってはいても、その時が来てしまえば別段泣きもしないぼにょ郎。

点滴になった時の事を考え、ぼにょ郎を大人しくさせておくために用意しておいたニンテンドーDSが役に立ちました(笑)。


しばらくすると、看護師さんが検査結果を持ってやってきました。

2013y11m24d_230909059.jpg

『炎症反応が出ていますね。それで・・・・』

2013y11m24d_230921421.jpg

『マイコプラズマが出ていました。』



熱もなくこんなに元気なのに?と愕然としてしまいました。


去年、始めてマイコプラズマ肺炎をやってから、もう4,5回マイコプラズマにかかっている計算。

看護師さんに聞くと、マイコは免疫がつく類の菌ではなく、何度でもかかる子はかかるらしい。



普通は、次の日も点滴になるのですが、あいにく次の日は病院がお休み。

なので、今日の午後夕方に二本目の点滴をしてもいいか?という先生の指示がありました。



家に帰ると、心配した婆ちゃんがぼにょ郎に納豆巻きを買ってきてくれ

P1930590.jpg

余程お腹が空いていたのか、パクパクっと立て続けに食べてしまいました。

こんな食べ方いつもしないので、見ているこちらがビックリ。

その後、貰ったお薬を飲ませて、夕方4時にまた小児科へ。


『経過は何か変わったことはない?』と言う先生のお言葉。

『午後2時くらいまで咳が酷かったのですが、3時頃から少し治まってきたような気がします。』と答え、本日二度目の点滴。

P1930626.jpg

元気な3才児を抑えておくことのなんと難しいことか・・・・

点滴のチューブを引っ張ったり舐めてみたり、診察室前では怒られることを理解っていてワザと壁を舐めてみせたり・・・・


その日、日本で一番『こら~!』と言った男かもしれません。



点滴が終わって家に帰った時には、ぼにょ郎の酷い咳はすっかり治まっていました。



よくあれだけの診察でマイコプラズマ肺炎を見抜いたものだと本当に驚きました。

もちろん、その小児科には検査室があるのですぐ確認が出来たのですが、他のキッズクリニックだったら、薬を処方されて様子見で、ぼにょ郎はずっと咳込んでいたと思います。



※参考までに処方されたお薬を

●アスベリン散10%
●ビソルボン細粒2%
●カルボシステインDS50%

●クラリスロマイシンDS小児用10%

●ホクナリンテープ0.5mg

●ライトゲン配合シロップ1.5mL
●単シロップ3mL

朝夕2回 5日分


点滴はソルデム200ml(中にどんなお薬が加えられたかは判りません)




ウチにいらっしゃるお客様のお嬢さん(現在二十歳過)がずっとその小児科の先生にかかっていらして、『お子さんが生まれて、もし病気にかかったら絶対あの先生に診てもらった方が良いよ!』と聞いていて診療を受けた女医先生。

ぼにょ郎はもちろんですが、妻もそして私もお世話になっています。

夏に私が右足の激痛で地面に足が着けなくなり、車いすに乗ってこの小児科の先生を頼った時も快く診察してくださり、難しい症状にもかかわらずその一回で蜂窩織炎(ほうかしきえん)と言い当てたのでした。

(ついでに蜂窩織炎以外にマイコプラズマ肺炎も陽性だった・・・・)

ここは小児科だからということで、その後大きな総合病院へ紹介を受けたのですが、小児科の先生の出してくださった抗生剤(クラビット)がその総合病院でも出て、やはり蜂窩織炎ということで診察を受けました。



ぼにょ郎の前に診察されていたお嬢さんがいらっしゃいました。

『さっきのお姉ちゃんね。赤ちゃんの時から診ていて今は高校3年生。私も歳をとるわけだよね♪』


思わず、『ぼにょ郎が大人になるまで是非お願いします!!!』と深々と頭を下げてしまいました。


先生は、『私もう68歳だよ♪ まぁ、ボチボチやっていくよw』と笑っていらっしゃいました。



   スポンサーリンク

   スポンサーリンク

【コメント】記事に関係のない質問・雑談 何でもどうぞ♪
この記事へのコメント
具合はいかがですか?

何もかも、お気持ち、よーくお察しいたします。

我が家もケニーニョのマイコプラズマ、
治ったと思ったら、またあやしい咳、
と九月から繰り返し、病院のお世話になりっぱなし。

しかも大人しく言うことを聞いてくれれば、
優しく看病したくなるのに、
あらゆることを嫌がって、
怒ってばかりです。
なんで、怒られることばかりするのでしょう?

本当に、お疲れさまです。
お大事に!
2013/11/25(月) 06:36:34 | URL | ケニーニョママ #-[ 編集]
舞妓!?
ぼにょ朗くん大丈夫ですか?!
てか熱もないのに肺炎・・・。
我が家の娘も
かれこれ1ヶ月以上咳をしています。
ぜんそくの疑いと言われましたけど
もしかして娘も舞妓さんかしら???
でも、私もかかりつけ医を信頼してるので
とりあえずもう1週間ぐらい様子は見ようと思っていますが
(咳がひどくて眠れないほどではないので)
元気なだけに気になるなぁ・・・。

ちなみに
アスベリンは咳止めだけど、あまり効果はありませんw
眠くなる成分が少し入ってるって。
クラリスが抗生剤じゃなかったかなぁ。
入院してたときの総合病院の先生に聞きますたw

息子の咳は落ち着いたんですけど
娘のはなかなか頑固です。
息子が去年入院してたときは
舞妓+肺炎球菌のダブル肺炎で
入院してる子がいましたよ(@_@)
2013/11/25(月) 10:34:35 | URL | なおちん #.uPwujTU[ 編集]
ぼにょ朗君は、マイコプラズマ肺炎だったのですね!!
熱がないのにびっくりしますよね。

お大事にして下さいね。

ヘムHEMさんも奥さんもお疲れさまです。体調には、気をつけてお過ごしくださいね♪

うちの息子もずっと咳が出ていて夜中に咳き込み過ぎて吐いてしまったりしていました。

小児科で診てもらいましたが咳がなかなか治まりません。

点滴、ぼにょ朗君お疲れさまでした。

熱のない三歳児を抑えておくのは、かなり大変ですし労力がいりますよね(^o^;。
2013/11/25(月) 11:04:07 | URL | ハム #-[ 編集]
ケニーニョママさんへ
ケニーニョママさん、ご理解ありがとうございます(*^_^*)
お陰様で、ぼにょ郎はその日ですっかり良くなりました。

ケニーニョ君も、マイコプラズマに何度もかかっていらしたとは><;
また私達が気づかぬところで密会でもしているのでしょうか・・・・
なんか、一度かかったらこちらとしては免疫が出来ていると思ってしまうので、すぐまたマイコと言われて『え?!』と驚いてしまいますよね・・・・
咳が酷いので、こちらとしては心配で夜ぐっすり寝られませんよね;;

そして、イヤイヤに対しても同じ思いをされていらしたとは・・・・><;
すんなり大人しく言うことをきいてくれないですよねぇ;;
私も妻も怒りたくなくて、ずっと優しく言っているのですが、結局怒るまでやらないことが多いので最終的に怒ることになってしまいます。

ママさんも本当にお疲れ様です!
疲れから体調を崩さないようにしてくださいね。

私と妻は今のところうつってはいないようですが、まだ潜伏期間なのかも?(笑)
2013/11/25(月) 21:23:05 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
なおちんさんへ
熱がないのに不思議ですよね(笑)

yukkyちゃん大丈夫ですか?
日記を読んで心配していたのですが、まだ治まっていらっしゃらないんですね・・・・。
もうされているかもですが、マイコプラズマが原因だった場合は血液検査ですぐ判るので、一度調べてもらって原因を特定したほうが、なおちん的にも安心出来ますよね。
小さな咳がずっと続いてそれが喘息の引き金になることもあるようなので、子供の咳は本当に心配になります。

なおちんお薬に詳しいなぁw
アスベリンという咳止め?のお薬は、たぶんあまり強くないお薬なんでしょうね。
ぼにょ郎の酷かった咳の止まり方を見ていると、点滴にマイコプラズマに効果のある抗生剤を注入してもらったのかもです。
初日で咳はほとんど止まってしまったので、子供の身体に負担の少ない弱い咳止めで十分なんだと感じました。
クラリスは、マイコプラズマにバッチリ効果のある抗生物質のようですね!

yun君が落ち着いてきたようでなによりでしたが、やはりyukkyちゃん心配ですね。
早く良くなって欲しい;;

マイコプラズマと肺炎球菌のダブル・・・・考えただけで恐ろしくなります・・・・

なおちんがまだまだお元気なようでそれが救いです!
ウチがそうだったのですが、ママが倒れると家の中が火が消えたようになります・・・・;;
頑張れなおちんママ!!!!!
2013/11/25(月) 21:43:38 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
ハムさんへ
ハムさん、お気遣いありがとうございます♪
おかげ様で、ぼにょ郎は初日ですっかり良くなりました(*^_^*)

ハムさんの息子さんも咳が酷かったなんて・・・・
今、本当に流行っているんですね;;
吐いてしまうほどの咳は、親としても見ていて本当に辛いと思います。
そして夜中の汚れ物の始末・・・・普段の3倍は疲れますよね><;

鼻水ズルズルは気にならないのですが、ウチは母が喘息だったせいか、子供の咳を聞くと本当に心配になってしまいます。

息子さんの咳が早く治るといいですね。
ハムさんも安心して夜眠れますよね。

ぼにょ郎、あんなに点滴を嫌がっていたのに、夕方の二回目の点滴で自信をつけたのか、『明日も点滴していいよ?』だって・・・・ホントお調子者です><;


3歳児の相手は色んな意味で本当に大変ですね;;
点滴の最中に、ぼにょ郎が珍しく『買って欲しいものがあるの』と言って販売機前に連れて行かれて、『これが飲みたいの』と言って指さしたのが、カフェラテ。
『お母さんと来た時に買ってもらってるの?』と聞いたら『うん』と言うので買ってあげたんですが、後で妻に聞いたら『それ、私がいつも飲んでるのだわ・・・・』

どうも、ぼにょ郎もずっと飲みたかったようです。
熱くて飲めないと言うので冷まして飲ましてあげたら『甘くて美味しい』ととても喜んでいました。
そしてそれを二回も布団の上と私のジーパン、ぼにょ郎のズボンにこぼされパニック状態・・・・
本当に参りました;;
2013/11/25(月) 21:59:21 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
ステキな先生!
ぼにょ朗君、すぐに良くなったそうでよかったですね♪
安心しました。

それにしても、かかりつけ医がそんなに素晴らしい先生で
と~ってもうらやましいですぅ!
私は、1年前に転勤で現在の家に転居する際に、
近所に小児科があることを確認してから来たのですが
実際にその小児科に通ってみたら、先生が(私には)イマイチで…。
今は遠くの病院まで通っているので、大変です。

的確な診察をしてくれるのは、本当にありがたいですよね。
なかなかそこまでの力量の先生にめぐり会えないですよ…。
しかも、親まで診てもらえたら本当に助かりますよね。
先生に、いつまでもお元気で頑張っていただきたいですね~♪

そうそう、ヘムHEMさんの難しい名前の病気の方は
いかがですか?すっかり完治されましたか?
2013/11/26(火) 17:25:41 | URL | ちょび #0GJF2ts6[ 編集]
ちょびさんへ
ちょびさん、ありがとうございます♪
お陰様で、ぼにょ郎すぐに良くなりました!!!

子供を授かると、小児科やキッズクリニックの有り難みが本当によく分かるのと、またその医院との相性なども時間とともによく分かるようになりますよね。

ちょびさんのようにお引越しがあると、またゼロから見つけないといけないですから本当にご苦労かと思います。
お近くで良い小児科が見つかるといいですよね。
ウチは車で15分ほどで、距離にすると結構あります。

ウチは本当に家族全員お世話になっているので、その先生に頭が上がりません。
私なんて、ぼにょ郎を授かるまでほとんど病院になんてかかったことがなかったというのに・・・・(笑)

私の足の心配までしていただいて本当に恐縮です><;
お陰様ですっかり良く・・・・というわけではなく、無理をするとまた痛みで足が着けなくなるので、今はなるべく無理をしないようにしている状態です。
夏に、ぼにょ郎を肩車して川で遊んでいた時にほんのちょっと傷をつけた部分から菌が入って、疲れで炎症を起こしたみたいです。
やはり疲れやストレスは後々尾を引きますね・・・・;;

ちょびさんも育児、それに新しい場所で大変でしょうが、疲れや睡眠不足に十分に注意してくださいね!
心配してくださってありがとうございます^^
2013/11/26(火) 21:40:17 | URL | ヘムHEM #-[ 編集]
コメントを投稿する (コメントの反映が遅い場合があり申し訳ありません)
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック