アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > CATEGORY - 3歳4ヶ月
2013年11月12日 (火) | 編集 |
【関連記事】
【幼稚園入園後】病気ばかりの毎日、その後の登園イヤイヤ病 (3歳6ヶ月)
【真夏に裸足でスニーカー】幼児の足と靴のニオイ (3歳6ヶ月)





ぼにょ郎は5月にインフルエンザにかかりました。

P1860578.jpg
【5月1日 3歳4ヶ月】

こんな時期に?と思いましたが、
初めての集団生活なので色々な病気にかかるのは仕方ないことだと思いました。


P1860591.jpg
【5月3日 3歳4ヶ月】


高熱も下がり、登園できる頃は半袖を着ていく気温になっていました。

「今日から半袖Tシャツで幼稚園に行ってね」と着替えを用意していましたが、
「半袖嫌なの、さむいの」と、どうしても着てくれません。

根負けして 「自分の好きな服を着なさい」と言うと、
引き出しからトレーナーとジーパンを出してきました。


そんな日が何日も続き、気温もどんどん夏日になっていきます。

ぼにょ郎が幼児園に行ってる間に、トレーナーとジーパンは片付けてしまいました。

それでも長袖Tシャツと長ズボンに自分で着替えてしまいます。

幼稚園から帰ってくると 汗まみれの髪、背中はあせもができてきました。


こんなに半袖・半ズボンを嫌がるのに、そのうちに靴下を履くのを嫌うようになりました。

P1860633.jpg
【5月14日 3歳4ヶ月 ズボンと靴下の間に肌が露出するのを泣いて嫌がる】


P1860875.jpg
【5月22日 3歳4ヶ月 靴下を「履きたくない」と泣いて嫌がる】


P1860930.jpg
【5月23日 3歳4ヶ月 この日も靴下を嫌がって大泣き】



その上、『ジャンパー着たい』と始まったので、
さすがにこれを着せたら暑くて嫌がるだろう・・・・と思い、
パジャマの上に着るモコモコのガウンを着せてあげると、

P1860904.jpg

ゴキゲンで快適そう・・・・もう呆れて手の施しようがありません。



P1860704.jpg
この時期、幼稚園から帰ってくると、家族で山の中に、ぼにょ朗の大好きな水遊びに行って気分転換をするようにしていました。幼稚園のことを忘れて存分に遊ばせるというのもありましたが、水遊びをすれば半袖・半ズボンを着てくれるかも・・・・という狙いもありました。


一週間後

P1860953.jpg
ビックリするくらい半袖・半ズボンを狙う効果がありませんが(笑)、ぼにょ朗自身非常に楽しんで遊んで、次の日も元気に登園していくのでこれはこれで良かった気がします。

P1860960.jpg




クラスの中で、ぼにょ朗一人だけ長袖・長ズボンになってしまい、汗の量も半端無いので、
担任の先生に相談して、幼稚園で先生に半袖シャツと半ズボン、スニーカーソックスに
着替えさせていたくことになりました。

先生とお着替え出来るのが嬉しいのか、幼稚園では抵抗なく着替えていたそうです。


でも、家に帰ってくると同時に着ていたものを脱ぎ捨て、
即、長袖長ズボンに着替えていました。



鯉の餌場
P1870418.jpg
【6月9日 3歳5ヶ月 『外に遊びに行く時は半袖じゃないとダメだよ』 泣いて嫌がりましたがなんとか着てくれました】



プールが始まり、先生の手を煩わせてはいけないと思い相談し、
担任の先生と主任先生から、ぼにょ郎に「半袖を家から着ておいで」と話してもらいました。

「わかった」と答えたそうなのですが、
その日、園バスから降りてきたぼにょ郎の顔は真っ青でした。

買い物があったので、そのままスーパーに連れて行くと、お店の中で急に泣き出しました。

「どうしたの?抱っこしようか?」と、声をかけても聞こえないくらいの大声で泣いています。

「わかんないの わかんないの わかんないの」と泣きます。

あまりに大きな泣き声なので通りすがりの人が見ていきますが、
ぼにょ郎がどうやってもその場を離れないので困ってしまいました。


ぼにょ郎が泣いている理由は何となくわかっていました。

先生達から囲まれ面と向かって「半袖を家から着ておいで」と言われ、
「わかった」という話の中で、自分は嫌なのに返事をした事。

先生達が凄く怖かったんだなと思いました。

今までになかった経験に、ぼにょ郎の心は怖くて怖くて
小さな塊になってしまった様に見えました。


先生に話しをしてくださるように頼んだのは私自身なので、凄く責任を感じました。

もっと子どもと向き合って話せばよかったと思いました。





ぼにょ郎の幼稚園は、夏休みの間少しだけ預かり保育があります。

園バスでなく送り登園になるので、ヘムさんに運転をお願いしていました。

いつも着替えさせてくださる先生ではなく、日替わりで違う先生が担当になるので、
園に着くと車の中で半袖、半ズボン、靴下に着替えさせてから玄関に連れて行ったそうです。

幼稚園の駐車場で着替えると、意外にもすんなりと着替えてくれたそうで、
幼稚園に着くとぼにょ朗の心構えも切り替わるようだと言っていました。




話は変わって、

ぼにょ郎のお婆ちゃんは40年以上前から喘息持ちで、夏でも長袖を着ています。


「私ね、ぼにょ郎の半袖嫌がる気持ちわかるの。長いこと喘息の薬を飲んできたせいか夏でも手足が冷えるのよ。ぼにょ郎も慣れない幼稚園生活で色々な病気をもらっての投薬で抗生物質の薬を飲むでしょう。多分、手足が寒いんだと思うんだよね 肌を出すのが寒いんだと思う。」


そういえば「半袖嫌なの、さむいの」とぼにょ郎は常に言っていました。

経験してみなければ理解らないものですね。

お婆ちゃんが、ぼにょ郎を理解してくれていて良かったです。





お盆になる頃、最後の預かり保育の日に強烈な風邪をうつされてきたぼにょ郎。

高熱があったので病院に行くと、点滴になるのはわかっていたので
半袖を着せて連れて行きました。

P1880327.jpg
【8月23日 3歳7ヶ月 この後、一ヶ月以上にわたって治ってはうつされの病気を繰り返し】

それからお出かけの時は半袖と約束をして、
家に帰ってからの着替えは、ぼにょ郎の好きなようさせていました。

38度も気温があれば、エアコンを付けていたとしても暑いので、
だんだんと外で着ていたTシャツのままで家でも過ごすようになりました。

ぼにょ郎も次第に気にならなくなってきたのか、
それっきり半袖・半ズボンを嫌がらなくなりました。


10月になり肌寒い日が増え、長袖Tシャツを着るように言うと
少し嬉しそうに着替えていました。


~妻のメモより~ ヘムHEM加筆



   スポンサーリンク

2013年10月20日 (日) | 編集 |
【関連記事】
【天井や壁を見つめ笑う】 赤ちゃんにだけ見える何か・・・・ (0~3ヶ月)
【恐怖】おじさんがいる・・・・(2歳7ヶ月) 【幽霊?幼児だけに見える何か】
【胎内記憶】幼児に妊娠中お腹の中にいた時の様子を聞いてみた (3歳)
子供にだけ見えている 謎の物体 そして不思議な言葉 (3歳2ヶ月)



ぼにょ郎にだけ見えるバーディードューディという謎の物体。

幼稚園に入るとあまり見なくなってしまったようで言葉にしなくなりました。

なので私もヘムさんもすっかり忘れていました。


あるのんびりした日曜日。

ぼにょ郎が布団にもぐって遊んでいると「あっ!!」というので「どうしたの?」と聞くと、
「ここに、バーディードューディいたよ」というのです。

急いで見に行きましたがやっぱり私には見えませんでした。

「久しぶりにみたね」というと、ぼにょ郎は嬉しそうに笑っていました。

P1860819.jpg

~妻のメモより~



   スポンサーリンク

2013年05月10日 (金) | 編集 |
皆様のご心配のコメントに返信できず本当に申し訳ありません。

毎日嫌がって泣きながらバス通園していたぼにょ朗ですが、
ようやく少しだけ慣れ始めたかな?
と感じるようになった頃に急な発熱があり、調べてみるとインフルエンザB型でした。

それから、ぼにょ朗→妻→私の順番でインフルエンザにかかり、
気がつけばすでに二週間が経過・・・・本当に長かったです。

やっと治ったと思った時に私だけ酷い咳と痰、
あげくに目も当てられない様な酷い蕁麻疹を発症してしまい
通常の更新はもう少し時間がかかりそうです。


皆様のあたたかいご心配のコメント本当にありがとうございます。

返信が遅れてしまい大変申し訳ありません。

P1860578.jpg



   スポンサーリンク