アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > CATEGORY - 3歳6ヶ月
2013年10月16日 (水) | 編集 |
水痘(水疱瘡・みずぼうそう)の予防接種に行く (17ヶ月・1歳5ヶ月)




2年前に水疱瘡の予防接種を受けていました。

幼稚園の週末にもらってくるお便りに、「年少さんで水疱瘡が流行し始めました」とありました。

「ぼにょ郎もなるね」とヘムさんと話していると、ぼにょ郎がニコニコと顔を覗きこんできました。

顔を見るとその首元にポチンと赤い発疹が・・・

「えっ!もう始まってた?」

服を脱がせてみると数カ所、時間とともに顔にも発疹が出てきました。

2013y10m16d_061052028.jpg

P1870787.jpg

気づいた時には夜7時を過ぎていたので、翌日小児科に行きました。


「幼稚園で水疱瘡が流行っているそうです。1年前に水疱瘡の予防接種を受けています」と伝えて診察を受けました。

診ていただくと、予防接種の効果が残っていてこれ以上の発疹は出ること無いと言われました。

発疹に塗る薬(カチリ軟膏)が白いので大げさに見えますが、発疹はわずかで水疱になることはなく済みました。

熱は微熱ですみました。

2013y10m16d_054803039.jpg


余談ですが、私も幼稚園年中のときに水疱瘡にかかりました。

予防接種はなかったので全身に水疱ができて今でも跡が残っています。

そのうえ治った途端、はしかにかかり母を驚かせたことがありました。

幼稚園を1ヶ月ほど休んだのではないでしょうか。


ヘムさんは子供時代に水疱瘡にかかっていましたが、20才の頃、水疱瘡にかかっていた甥っ子と遊んでいて感染したそうです。

大人になってからの水疱瘡はかなり酷く、高熱が治まるのに1ヶ月ほどかかり、水疱瘡の痕は半年ほど消えなかったそうで今でもよく見ると顔に傷痕が残っています。

ヘムさん曰く『大人の女性が水疱瘡にかかったら、取り返しの付かない傷痕が顔に残って後悔ではすまないと思う』とのことなので、水疱瘡に感染したことがない大人はもちろんですが、感染したことがあっても抗体が弱かったりなくなっていたりするそうなので、病院で抗体の検査を受け、ないとわかったら予防接種をされた方が良いようです。


妻のメモより~



   スポンサーリンク

2013年10月13日 (日) | 編集 |
【関連記事】
掃除機をかけてお手伝いがしたい(15ヶ月)
【言葉を理解?】お手伝いが出来るようになった(16ヶ月)
子供がするようになった親のお手伝い (1歳6ヶ月・18ヶ月)
茶碗やお皿を運んでお手伝いしてくれるようになった(1歳9ヶ月)



幼稚園に入園以降、持ち物の用意は私がしていました。

幼稚園生活に私自身慣れていなかったので調度良かったのですが、
3ヶ月をすぎる頃、これで良いのか考えました。


持ち物は、手拭きタオルに、給食のお箸・スプーン・フォークのトリオセットに
コップをそれぞれ布袋に入れ準備します。

給食の時は布袋から出して使うのですが、ぼにょ郎が幼稚園で出来ているのか心配でした。


そこで布袋に入れてカバンに入れる事を、ぼにょ郎にさせることにしました。

やらせてみると全然出来なくて、すべて先生にやっていただいていた事がわかりました。


P1880134.jpg

少しづつ教えていくとあっという間に自分で出来るようになり、
今は幼稚園でも出来ているのではないかと思います。

P1880140.jpg

帰ってくるとすぐにカバンの中の汚れ物を出し、新しいものを自分で布袋に入れて用意します。

P1880160.jpg

自分のカバンの中身にも興味を持つようになり、幼稚園からいただいてきた
ご褒美などあるとすぐに見せてくれるようになりました。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク

2013年10月11日 (金) | 編集 |
ブログ再開の記事にも書かせていただいたのですが、
この夏は、ぼにょ郎が半袖、半ズボンを嫌がり本当に困りました。

そのうえ「靴下 はきたくない」ときました。

P1870363.jpg

もう、なぜ??ってことばっかりでした。


裸足でスニーカーを履いているので、さぞ汚れているだろうなと
靴の中を見ていたらうっかりニオイを嗅いでしまいました。

真夏の裸足で履いていたスニーカーの臭いは、たとえ幼児の足とはいえ、
婦人一人を瞬殺するほどの威力がありました。



汗を吸ったスニーカーは、水洗いして洗濯洗剤を少しだけ付けて、
柄付きたわしで中敷きをよく洗うとキレイになりました。

キレイに洗った後は天日干しが一番効果ありました。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク