アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > CATEGORY - 3歳1ヶ月
2013年03月01日 (金) | 編集 |
【関連記事】
落ち着きのない幼児を大人しくさせる時間がどうしても欲しい (3歳)
大好きなドラえもんの道具 タイムマシンに乗る (3歳2ヶ月)


三歳になってからぼにょ郎は、DSで『ドラがな』という
書いて文字を覚えるゲームで遊ぶようになりました。

P1820372.jpg

まだ読み書きがわからず出来るものは少ないですが、楽しんでやっているようです。

難しい時や判らない時やがあると、ヘムさんや私に聞いてくるのでその時は一緒にやります。

毎日20分ほどやっているのですが、なかなか上達しません。

ですが、『ドラえもん』が大好きになりました。


DVDでドラえもんを見せるととても喜びます。

2013y03m01d_215114336.jpg

はじめは「三歳児が理解できる話かなぁ」と半信半疑でしたが、わりと落ち着いて観ています。

ヘムさんと私も『ドラえもん』世代なので観ていて面白いです。


声優さんの変更がありましたね。

2005年3月でしたので8年にもなるんですね。

初代の声の印象が強すぎて、新しい声優さんを受け入れられなかった私とヘムさん。

ぼにょ郎が『ドラえもん』を好きにならなかったら、ヘムさんと私は観ていなかったと思います。

ですが、DVD3枚くらい観ると何の違和感もなくなりました。

それでいて初代声優さんのお話を見ても、違和感なく見られます。

それぞれの味があり、2つの声を知っている私は幸せだなと思いました。

2013y03m01d_220758787.jpg

ぼにょ郎はオープニングの「ハグしちゃお」が大好きですが、初代の「ドラえもんの歌」

 ♪そらをじゆうに とびたいな 「ハイ!タケコプター」♪

も大好きで、少しづつ覚えているようです。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク

2013年02月26日 (火) | 編集 |
ぼにょ郎は、小さい頃から『水車』が大好きで、
よく、お蕎麦屋さんの窓から見える水車を楽しそうに眺めていました。
2013y02m26d_222817200.jpg


そんな先日、買い物に行った先でぼにょ郎が水車を見つけ

P1820046.jpg

「さわりたい さわりたい」といって水車を回し始めました。

P1820045.jpg

模型かと思っていたのですが、しっかり作ってあり、
ぼにょ郎も一生懸命回していました。

P1820052.jpg


はじめて水車に触れて嬉しかったのか、翌日も「すいしゃ みたいの」とお願いされ、
再び出掛けることになりました。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク

2013年02月24日 (日) | 編集 |
【関連記事】
ケッターバイクかいきなり自転車か・・・・初めての幼児用自転車購入検討(1歳8ヶ月)
いきなり自転車W(ダブル) かじとり&折りたたみ式を購入&乗ってみた(1歳9ヶ月)
初めて一人で自転車に乗る (2歳11ヶ月)


ぼにょ郎が二歳の時に、ヘムさんの妹さん夫婦から誕生日祝いでいただいた三輪車。


ネクストワン

舵取り付きで後ろから大人もハンドル操作出来きるすぐれものです。

ハンドルの高さも三段階変えられます。

転落防止用の腰回りのガードが脱着自在になっていて、椅子&ガードのカバーも脱着可、
フットステップをつければベビーカー風に使うことができます。

ハンドルの前には全体を覆えるカバーが入っています。


三輪車にまだ乗れない幼児に注意なのがペダルへの足の巻き込みです。

車輪が回ってもペダルと連動させないようにするロック&フリ-切り替え機能があります。

201a3y02m24d_230442022.jpg

ぼにょ郎に三輪車の練習をさせている時は、この機能をたくさん使いました。

足を乗せておくだけでも三輪車を漕ぐ練習になるようでした。

それでもなかなか漕ぐことが出来ずにいたので、おばあちゃんからも誕生日にいただいた
いきなり自転車」に乗せて散歩に行ったりしていました。



先日の東山動植物園の一日目の帰りにトイザらスへ行きました。

自転車や三輪車の試乗車がたくさんあり、ぼにょ郎もワクワクして乗っていました。

するといつの間にか上手に三輪車のペダルを漕いでいてビックリ。

不思議なもので、三輪車のペダルは回すことが出来ても、
自転車のペダルは回すことが出来ませんでした。


数日後、「ぼにょ郎、さんりんしゃにのりたい」というので、
寒風吹きすさぶなか二人で買い物に行きました。

P1820016.jpg

少しでも登り坂になっていると「おかあさん おして~」とせがまれますが
平たんな所や坂道などはペダルを上手く漕いで楽しそうでした。

後ろのハンドルに買い物をしたものをかけて置けたので便利でした。

P1820023.jpg

寒かったけれど、またひとつぼにょ郎の自信になったようです。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク