アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > CATEGORY - 2歳10ヶ月
2012年12月23日 (日) | 編集 |
少し前になりますが、ショッピングモールはハロウィンの飾りつけでいっぱいでした。

「アレはなに? なんだろう?」

ぼにょ郎は、かぼちゃのフワフワに近づいていきました。

P1720308.jpg

いっしょに写真が撮れるようになっていたので撮影しようと思っていたら

「フワフワ こわいの こわいの」

と、ワ~ンと泣きだしたぼにょ郎。

P1720311.jpg

結局泣き顔しか撮れませんでした。

近くに行ったら意外と大きくてびっくりしたのかも知れません。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク

2012年12月22日 (土) | 編集 |
鳩がたくさんいる公園に遊びに行った時のこと。

その公園で鳩を見るのが大好きなぼにょ郎。

P1720574.jpg


「お父さんに見せたいから、鳩を捕まえて。このカバンに入れて」と冗談で言ってみました。

すると「おとうさん!!」と目がキラっとして鳩を追い始めました。

P1720589.jpg

ぼにょ郎が追いつきそうなると飛び立つ鳩達。

P1720577.jpg

「ぼにょ郎頑張って。早く捕まえてカバンに入れて!」と励ますと公園中を駆けまわりました。

P1720581.jpg

当たり前ですが、結局鳩は捕まらず「もう むり~」と抱きついて来ました。


~妻のメモより~



   スポンサーリンク

2012年12月21日 (金) | 編集 |
【関連記事】
子供に 『おかあさん きらい』 と言われた (2歳5ヶ月)


ある日突然

「お父さんをこまらせる~」とぼにょ郎が言いました。

はじめは『???』とヘムさんと顔を見合わせて、

「なんかぼにょ郎が言いはじめたぞ」と聞いていました。


すると次々に

「おかあさんをこまらせる~」

「おばあちゃんをこまらせる~」

「◯◯さん(ヘムさんの妹さん)をこまらせる~」

「◯◯くん(ヘムさんの妹さんの旦那さん)をこまらせる~」

と、親戚の方の名前を言いはじめました。



「そういう事言うと可愛がってもらえないよ、みんなぼにょ郎が大好きなのに」

悪気のある顔はしてないのですが、注目をひきたくてこういう事をいうんでしょうか?

大抵の場合、うちにおばあちゃんが来て大人だけで話をしていると言い出します。

やっぱりかまって欲しいのでしょうね。

P1720205.jpg

~妻のメモより~


【ヘムHEMの追記】

2歳5ヶ月の時に始まった『おかあさん きらい』。

そのすぐ後から 『おとうさん きらい』 『おばあちゃん きらい』、
外食するとウエイトレスさんに 『おねえさん きらい』。

どうも自分の気を引きたい人にそういったことをわざわざ言うようでした。

『そういったことを言っちゃダメだよ。ぼにょ朗だって「きらい」と言われたら悲しいでしょ?』
と、毎日諭しているうちに自然に言わなくなったのですが、その矢先に出た言葉が

『◯◯を こまらせるぅ~』

という言葉でした。


これもきっと気を引きたい気持ちの表れなのでしょうね。

言い方が変わっただけで根本は変わっていないようです(笑)。


毎日大変な悪魔の3歳児の面倒をみて消耗しきっている私たち夫婦。

『もう十分困っているよ!!』

とツッコム毎日です。



   スポンサーリンク