アラフォー夫婦がつづる育児奮戦記
| Login |
TOP > CATEGORY - 妊娠後期 (28週~40週)
2010年07月31日 (土) | 編集 |
☆とにかくよく寝ておく 

  産後は体力勝負ですよ すぐに三時間おきの授乳がやってきます。
  疲れたらすぐに横になってくださいね。

☆出産後、退院時の自分の洋服を買う

  これをまったく用意してなかったんです。市民病院だし
  誰も見送ってはもらえないのですが、服装があまりにひどかった
  Tシャツにジャンパースカート 裸足にサンダル(大雪の元旦退院)
  せめて少し可愛い洋服で退院したかった。
  友達になったママさんたちは可愛い服で帰っていきました。

☆出産後すぐにつけるリフォーム下着を買っておく

  リフォーム下着の知識が全く無かったので何一つ用意してなかった。
  許可が出たらすぐにつけたほうが良いです
  産後7ヶ月の現在でも本当に後悔しています。
  ワコールのシェイプマミー買っておけばよかったです。
  今でも間に合うなら買いたい!

ワコール マタニティ シェイプマミーガードル[産後用ガードル]


~妻のアドバイスより~

ぼにょ朗の荷物ばっかりに気を取られて、妻の服を忘れた私・・・・ _| ̄|○
本当にすみませんでした・・・・。



   スポンサーリンク

2010年07月30日 (金) | 編集 |
【関連記事】
妊娠5週目妊娠7週目妊娠9週目妊娠13週目妊娠17週目妊娠21週目
妊娠24週目妊娠26週目妊娠28週目妊娠30週目妊娠32週目
妊娠34週目妊娠36週目妊娠38週目妊娠40週目


今日はヘムさんと一緒に病院へ。

赤ちゃんは3800グラムに成長。

でかい!


内診の結果

先生 「全然子宮口が開いてないですね」
   「母体の年齢もありますし、胎児も大きいですし」
   「どうされますか?帝王切開されますか?」
ヘム 「はい。お願いします」 
先生 「明後日やりましょう」


パソコンのカルテには「巨大児」「高齢のため難産が予想される」
「ご主人も帝王切開を希望」とかかれていた。

私は帝王切開を願いつつも、何故かそれを自分から言ってはいけないと
思い込んでいたのでほっとしていた。お腹がパンパンで肩で息をしていた。


それから手術に関しての詳しい説明、同意書などがあった。

先生「お腹ですが、縦に切りますか?横に切りますか?」

縦は母体にもお腹の赤ちゃんにも楽な切り方だが手術跡が目立つ。

横は傷は目立たないが手術がやりにくい。

と説明されて、迷わず縦きりをお願いした。

ヘムさんがいたのでスムーズに進んだ。



私はドキドキしていた。

この年まで大きな病気や怪我などなかった。

入院が初めてだし手術も初めて。

個室入れるかな?歯軋りするから同室の方に迷惑かけたくない。

そんなことばっかり考えていた。

お腹の赤ちゃんは出口が硬いためお腹の中を元気に泳いでいた。

赤ちゃんのかかとを腹の外から確認できた。まるーい。


帝王切開になってしまったので、あの陣痛室はもう行けないんだ。


~妻のメモより~



その一週間前に帝王切開の決意をして病院へ行った妻。

そしてションボリ帰って来た妻。

どうも内気な妻は「帝王切開にしてください。」と言う言葉を
言えなかったみたいです。

先生は帝王切開の方向で行きたかったらしいのですが・・・・。


その後、私がついて行った時に「お願いします。」と言ったところ
先生はすぐ「わかりました。」とおっしゃいました。

少し危険な状態なのか急いでやりたいようにみえました。


公家顔のちょっと頼りなさそうな先生。

その時は急に頼もしい感じに変わったのでした。



   スポンサーリンク

2010年07月30日 (金) | 編集 |
【関連記事】
妊娠5週目妊娠7週目妊娠9週目妊娠13週目妊娠17週目妊娠21週目
妊娠24週目妊娠26週目妊娠28週目妊娠30週目妊娠32週目
妊娠34週目妊娠36週目妊娠38週目妊娠40週目


自分で運転して病院に行くのが辛くなってきた。

大きな病院なので駐車場もデカク病院に入るまで大変。

ヘムさんについてきて欲しいのになぁ。

仕事が忙しいからなかなか出て来れないんだよね。

来週は一緒にきてくれるかな?


赤ちゃんは3500グラムに成長。

NST(ノンストレステスト)をした。

陣痛室に空きがありゆったりとしたベットに横になった。

お腹にベルトをペタリと貼って
「赤ちゃんが動いたらこのボタンを押してくださいね」

助産師さんが部屋から出て行くと泣けてきた。

赤ちゃんの力強い心音と胎動の音「どうか無事に産まれてきて!!」と思った。



部屋の壁に


赤ちゃんはあなたをえらんで産まれてきます。

お母さんがんばって!

赤ちゃんもがんばっています!


と書かれていました。


さすが陣痛室。

でもその文章にすごく感動した。


私もまたこの部屋に来るのだな~


~妻のメモより~



   スポンサーリンク